研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2015年2月10日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2015年2月23日

人と柔らかく接しながら力仕事を行なう高機能ロボット

理研らの研究グループは、移乗介助や起立補助など、人との柔らかな接触と大きな力が必要とされる動きをロボットで同時に実現するための研究用プラットフォームとして「ROBEAR(ロベア)」を開発しました。続きを見る...

2015年2月23日

微小で薄いタンパク質結晶の電子線構造解析

理研、東京大学分子細胞生物学研究所らの共同研究グループは、微小で薄いタンパク質の三次元結晶から電子線による結晶構造解析を実現する新技術を開発しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2015年2月25日

慶應義塾大学SFC、大阪市立大学と連携・協力協定を締結

理研は、2015年2月16日、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の総合政策学部、環境情報学部、大学院政策・メディア研究科、および大阪市立大学健康科学イノベーションセンターと高齢者の健康増進を図り、自立支援を推進する社会の構築に向けた連携・協力を行うことで合意し協定を締結しました。続きを見る...

2015年2月20日

理化学研究所とマレーシア科学大学との間で研究協力協定を締結

平成27年2月20日、理研とマレーシア科学大学(USM)との間で、研究協力に関する協定を締結しました。続きを見る...

トピックス一覧