研究論文(STAP細胞)に関する情報等について
調査委員会による中間報告、実験手技解説など報道発表資料等をまとめて掲載しております。

プレスリリース

2014年4月18日

成体の脳を透明化し1細胞解像度で観察する新技術を開発

理研は、脳全体の遺伝子の働きやネットワーク構造を3次元データとして取得し、サンプル間で定量的に比較するための基盤技術「CUBIC(キュービック)」を開発しました。続きを見る...

2014年4月17日

19世紀以来の謎、ホフマイスター効果の新しいメカニズムを提案

界面の水構造に及ぼす対イオンの効果を実験的に解明

理研は、独自に開発した表面・界面に存在する分子を選択的に計測できる最先端の分光計測法を用いて、広い分野で重要とされているホフマイスター系列の発現メカニズムについてモデル界面を用いて調べました。続きを見る...

プレスリリース一覧