研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2014年7月14日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2014年7月29日

亜鉛による獲得免疫応答を制御するメカニズムを解明

亜鉛トランスポーター「ZIP10」によるB細胞の機能の制御

理研は、細胞内の亜鉛濃度を精密に制御する亜鉛トランスポーターの1つ「ZIP10」によって運ばれる亜鉛が、獲得免疫応答を制御していることを発見しました。続きを見る...

2014年7月29日

亜鉛はB細胞の生存・維持に重要

亜鉛代謝異常に起因する免疫疾患のメカニズムの一端を解明

理研は、細胞内の亜鉛濃度を精密に制御する亜鉛トランスポーターの1つ「ZIP10」が、免疫応答に関わるB細胞の初期発生時に、アポトーシスの制御に重要な働きをしていることを発見しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2014年7月14日

滲出型加齢黄斑変性の臨床研究について

理研では、発生・再生科学総合研究センターにおいてヒトiPS細胞から作成した網膜色素上皮細胞を用い、眼科疾患の一つである滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性の治療法の開発を進めております。続きを見る...

2014年7月4日

小保方研究ユニットリーダーが参加する「STAP現象の検証計画」の進め方

平成26年4月1日に公表した「STAP現象の検証計画」に、小保方研究ユニットリーダーを参加させることを6月30日に決定し、7月2日にマスコミ向けのブリーフィングを実施しましたが、その時に使用した資料を掲載します。続きを見る...

トピックス一覧