研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2015年4月9日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2015年5月29日

記憶痕跡回路の中に記憶が蓄えられる

理研らの研究チームは、従来記憶の保存に不可欠だと考えられていたシナプス増強がなくても、記憶が神経細胞群の回路に蓄えられていることを発見しました。続きを見る...

2015年5月29日

卵母細胞の分裂では微小管と染色体の接続が不安定

理研らの研究チームは、卵母細胞の2回の細胞分裂のうち、母方の配偶子(卵子)と父方の配偶子(精子)由来の相同染色体が分配される「減数第一分裂」では、微小管と染色体の正しい接続が不安定になりやすいことを発見しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2015年5月22日

松本紘理事長が「理研 科学力展開プラン」を発表

本日、松本紘理事長が記者会見を行い「理研 科学力展開プラン」を発表しました。続きを見る...

2015年5月20日

杉山 雄一特別招聘研究員にフロリダ大学名誉博士

杉山 雄一特別招聘研究員

杉山 雄一特別招聘研究員(社会知創成事業イノベーション推進センター杉山特別研究室、東京大学名誉教授)が、米国フロリダ大学から名誉博士の称号を授与されました。続きを見る...

トピックス一覧