プレスリリース

2017年9月26日

T細胞分化を管理する転写制御機構を解明

理研の研究チームは、マウスを用いて、転写因子Bcl11bがヘルパーT細胞、キラーT細胞および制御性T細胞への分化を適切に管理する重要な役割を担っていることを解明しました。続きを見る...

2017年9月26日

「ワイル磁性体」を世界で初めて発見

東京大学と理研の共同研究チームは、ワイル粒子を磁性体の内部で実験的に確認し、従来の強磁性体や反強磁性体とは異なる「ワイル磁性体」を世界で初めて発見しました。続きを見る...

プレスリリース一覧