研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2014年10月23日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2014年10月24日

真空より低い屈折率を実現した三次元メタマテリアルを開発

理研は、真空の屈折率1.0よりも低い屈折率0.35を実現した三次元メタマテリアルの作製に成功しました。続きを見る...

2014年10月23日

経験による脳回路の変化を新モデルで予測

理研は、経験による脳回路の変化を担っている時間スケールの異なる2種類のメカニズム(可塑性)が、相互に調節し合いながら働く仕組みを組み込んだ新しい理論モデルを確立しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2014年10月23日

「研究不正再発防止をはじめとする高い規範の再生のためのアクションプラン」関連事項の取組状況等について

平成26年1月30日に発生・再生科学総合研究センターの研究者らが Nature誌に発表した論文の研究不正認定を受け、今後の不正再発防止に向けて「研究不正再発防止をはじめとする高い規範の再生のためのアクションプラン」を策定し、平成26年8月27日に公表いたしました。このアクションプランを踏まえたガバナンスについての取組状況等をお知らせいたします。続きを見る...

2014年10月23日

田中克典准主任研究員が米国化学会Division of Carbohydrate Chemistry, Horace S. Isbell Awardを受賞

田中克典准主任研究員(田中生体機能合成化学研究室)は、2015年米国化学会(ACS) Division of Carbohydrate ChemistryからHorace S. Isbell Awardを受賞することが決まりました。続きを見る...

トピックス一覧