研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2014年11月14日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2014年11月27日

光化学系Ⅱ複合体の正確な三次元原子構造を解明

岡山大学大学院と理研は、X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAを用いて、光合成による水分解反応を触媒する光化学系Ⅱ複合体の構造を1.95Å分解能で正確に突き止めました。続きを見る...

2014年11月25日

情報伝達タンパク質「Hik8」で、ラン藻のアミノ酸生産を効率化

理研環境資源科学研究センター代謝システム研究チームの小山内崇研究員、平井優美チームリーダーらの研究グループは、微細藻類「ラン藻」を遺伝子改変し、代謝能力や光応答反応を変化させることに成功しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2014年11月28日

竹市特別顧問、袖岡主任研究員にAAASフェローの称号が授与される

多細胞システム形成研究センターの竹市 雅俊特別顧問および袖岡有機合成化学研究室の袖岡 幹子主任研究員がAAAS(American Association for the Advancement of Science; アメリカ科学振興協会)から2014年AAAS フェローの称号が授与されました。続きを見る...

2014年11月19日

スーパーコンピュータ「京」でHPCチャレンジ賞クラス1、2を受賞

理研、筑波大学と富士通は、スーパーコンピュータの総合的な性能を評価するHPCチャレンジベンチマークをスーパーコンピュータ「京(けい)」で測定した結果により、2014年「HPCチャレンジ賞クラス1」の4部門中2部門で第1位を獲得しました。続きを見る...

トピックス一覧