研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2014年8月8日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2014年8月19日

記憶免疫機能を持つナチュラルキラーT(NKT)細胞を発見

免疫系の初期防御(自然免疫)で重要な働きをする「ナチュラルキラーT細胞(NKT細胞)」が、免疫記憶機能を獲得し、長期にわたり抗腫瘍効果を発揮することを明らかにしました。続きを見る...

2014年8月19日

発がんに関わるマイクロRNA(miRNA)が分解される仕組みを解明

がん細胞などの増殖を促進するとされるマイクロRNA(miRNA)の1つ「miR-21」が分解される仕組みを解明し、多くのがん細胞で、分解する仕組みの異常によってmiR-21が蓄積していることを突き止めました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2014年8月12日

理研ライフサイエンス技術基盤研究センターと米国国立高磁場研究所が研究協力の推進に合意

理研ライフサイエンス技術基盤研究センターと米国国立高磁場研究所は、新型NMR(核磁気共鳴装置)開発を行うための研究協力を推進することで合意し、8月8日(現地時間)米国において、覚書を交わしました。続きを見る...

2014年8月8日

元職員による公印等の不正持ち出し及び不正送金等について

中国北京事務所において発生した元職員による理研所有物の不正持ち出し及び不正送金等に対して、理研は、当該元職員と理研との間の労働契約の終了の確認、無断に持ち出した物の返還及び損害賠償請求を内容とする訴訟をさいたま地方裁判所に提起しましたので報告します。続きを見る...

トピックス一覧