研究論文(STAP細胞)に関する情報等について
調査委員会による中間報告、実験手技解説など報道発表資料等をまとめて掲載しております。

プレスリリース

2014年4月25日

海馬-嗅内皮質間の同期性は記憶を意識的な行動へ変換する過程に重要

「メタ認知」を支える神経回路メカニズムをマウスで立証

理研は、脳波の一種である高周波ガンマ波が脳の海馬-嗅内皮質間で同期することが、動物が空間的な作業記憶(ワーキングメモリ)を正しく読み出し、実行するために重要な役割を果たしていることを発見しました。続きを見る...

2014年4月24日

中性子ハロー核11Beの超微細構造定数の精密測定

理研は、中性子ハロー核の1つ「質量数11のベリリウム同位体イオン(11Be+)」の超微細構造定数 (超微細構造のエネルギー分離の大きさを定義する量)を、レーザー・マイクロ波二重共鳴法によって精密測定し、その定数(A)を-2677.302988±0.000072 MHzと3,000万分の1の誤差で高精度に決定しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2014年4月22日

第3回 研究不正再発防止のための改革委員会開催

第3回 研究不正再発防止のための改革委員会を開催しました。続きを見る...

2014年4月16日

STAP細胞論文に関する笹井芳樹副センター長の会見時の資料について

STAP細胞論文に関する笹井芳樹 発生・再生科学総合研究センター副センター長の会見(本日15時開催)時に説明に用いた資料は以下の通りです続きを見る...

トピックス一覧