研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2015年3月20日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2015年3月27日

ヒト型多能性幹細胞の高効率樹立・安定維持技術を開発

理研とライデン大学による共同研究グループは、ヒト型の多能性幹細胞に近い性質を持つマウスエピブラスト幹細胞の樹立効率を飛躍的に高めるとともに、樹立した細胞株を安定に維持する培養技術を開発しました。続きを見る...

2015年3月24日

光通信デバイスに"透磁率"の概念を導入

東京工業大学と理研、岡山大学らの共同研究グループは、インジウム・リン(InP)系光通信プラットフォームに “透磁率”の概念を導入することに世界で初めて成功しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2015年3月25日

下村博文 文部科学大臣が和光地区を視察

平成27年3月23日(月)、下村博文文部科学大臣が和光地区を視察されました。続きを見る...

2015年3月24日

理事長人事についての談話

4月1日から理研は「国立研究開発法人」へと衣替えします。これを機に私は3月31日付で、理事長の職を辞することを文部科学大臣からお認めいただきました。続きを見る...

トピックス一覧