研究論文(STAP細胞)に関する取組み、情報等について(2014年7月14日)
4つの方針:研究不正の調査・科学的検証の実施・研究論文の取下げ・再発防止の取組みについて掲載しております。

プレスリリース

2014年7月23日

「京」を使い世界最大規模の全球大気アンサンブルデータ同化に成功

天気予報シミュレーションの高精度化に貢献

理研は、天気予報シミュレーションの高精度化を目指し、スーパーコンピュータ「京」を使って、10,240個のアンサンブルで3週間分という世界最大規模の「全球大気のアンサンブルデータ同化」に成功しました。続きを見る...

2014年7月23日

覚醒や注意が感覚を鋭くする脳回路を解明

理研は、覚醒や注意によって感覚が鋭敏になる脳の仕組みの解明に成功しました。続きを見る...

プレスリリース一覧

トピックス

2014年7月14日

滲出型加齢黄斑変性の臨床研究について

理研では、発生・再生科学総合研究センターにおいてヒトiPS細胞から作成した網膜色素上皮細胞を用い、眼科疾患の一つである滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性の治療法の開発を進めております。続きを見る...

2014年7月4日

小保方研究ユニットリーダーが参加する「STAP現象の検証計画」の進め方

平成26年4月1日に公表した「STAP現象の検証計画」に、小保方研究ユニットリーダーを参加させることを6月30日に決定し、7月2日にマスコミ向けのブリーフィングを実施しましたが、その時に使用した資料を掲載します。続きを見る...

トピックス一覧