城生体金属科学研究室 | 研究紹介

members2015_800.jpg

生体内に数多く存在する金属タンパク質・酵素は、生体の物質・エネルギー代謝、恒常性維持など多くの重要な生理反応に関与しています。 当研究室では、X線結晶構造解析法や各種分子分光法などによる分子構造解析とともに、分子生物学・生化学的な手法を駆使した機能解析と合わせ、 「金属タンパク質・酵素およびその関連生体高分子の構造情報を基にした生理作用の分子レベルでの理解」を目標に研究を行っています。

研究ターゲット

1. 触媒体としての金属タンパク質の解析

2. センサーとしての金属タンパク質の解析

  • 二成分情報伝達系センサータンパク質のシグナル伝達メカニズム
  • バクテリアの酸素センサータンパク質
  • 病原菌のヘムセンサータンパク質

3. 膜を介した金属イオンの感知と輸送機構の解析

  • 病原菌のヘムトランスポーターの構造・機能解析
  • 金属イオントランスポーターの構造・機能解析

4. タンパク質の機能構造解析のための新しい手法の開発と応用

  • ヘムタンパク質短寿命反応中間体の分光およびX線結晶構造解析
  • SACLAを利用した無損傷動的構造解析

最近のプレスリリース・トピックス