プログラムについて

写真

プログラムディレクター:篠崎一雄

バイオマス工学研究プログラム(RIKEN Biomass Engineering Program:BMEP)は、三つの戦略を掲げ、植物バイオマス生産から化学製品材料、バイオプラスチック(最終製品)につなげる“一気通貫型”の革新的なバイオプロセスの確立に資する研究・技術開発を実施します。研究・技術開発にあたっては、バイオテクノロジーを駆使するとともに、企業、大学、国際連携で進め、得られた成果は、国内だけでなくアジアを含めた世界各地へ展開していきます。

戦略1植物の機能強化による「高生産性・易分解性を備えたスーパー植物」の開発
戦略2バイオテクノロジーを活用した化学製品原料の効率的な「一気通貫合成技術」の確立
戦略3ポリ乳酸に並び立つ「新たなバイオプラスチック」の探求