研究内容(随時更新します)


広範な生態系の機能因子の探索・・・マルチオミックス解析法の開発
地球上の生物は、多種多様な共生関係にある。しかし、それ らの生物間相互作用のほとんどは、難培養性とモデル生物・ 生物学の陰に隠れて充分に研究されていない。我々はその広 大な未踏領域へ、従来の要素分解的な生物学とは異なる各種 オミックス解析的手法を基礎にして踏み込むことで、基礎・ 応用の両面から全く新しい生物学を確立していく。
[エコシステムを丸ごと解析するというコンセプトについてもっと詳しく]


シロアリ共生系をモデルとした複合微生物系の研究とそのバイオマス利用技術への応用
シロアリは数多くの微生物との共生関係を結び,難分解性の植物バイオマスのリサイクルを行っている。これらの共生性の微生物は非常に多岐にわたっており,複雑な共生のネットワークを形成している。我々はこのネットワークのしくみを,最新の手法を駆使して解明していくとともに,これらの情報を応用したバイオマス資源開発・環境浄化システムの可能性を探る。
[シロアリの共生微生物に関する生物学的研究についてもっと詳しく]
[シロアリの共生微生物を応用したバイオマス利用に関する研究についてもっと詳しく]










理化学研究所 基幹研究所 守屋バイオスフェア科学創成研究ユニット
230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-29
c/o 横浜市立大学 大学院 環境分子生物学研究室
TEL: 045-508-7221
FAX: 045-508-7363
e-mail: メールはこちらへ