採用情報

国際プログラム・アソシエイト(IPA)

理化学研究所(以下「理研」という。)は国内あるいは海外の大学院・研究機関との連携国際スクール協定・覚書*(以下「協定」という。)に基づいて、理研において学位取得のために研究指導を望む外国籍大学院博士課程の留学生を受け入れています。

*外国籍大学院生の受入や指導について理研と大学院両者で合意した連携大学院協定・覚書。

制度の概要

国際プログラム・アソシエイト(IPA)制度とは、理研が国内あるいは海外の大学院・研究機関との協定に基づいて、外国籍を有する大学院博士課程の留学生を受け入れ、理研の研究者と連携大学院・機関の研究者が共同で学位取得のための研究指導を行う制度です。今後の科学技術の発展に貢献する優秀な人材の発掘及び育成を行い、将来、国際的な研究推進のためのネットワークを構築することを目的として、2006年10月に設置されました。認定されると、国際プログラム・アソシエイト(IPA)の身分を取得し、3年を上限として、滞在費や宿舎費等の補助を受けることが出来ます。

国内大学院連携

  • 東京工業大学大学院
  • 東京大学大学院(新領域創成科学研究科)
  • 東京医科歯科大学大学院(医歯学総合研究科)
  • 埼玉大学大学院(理工学研究科)
  • 神戸大学大学院(理学研究科/医学研究科)
  • 横浜市立大学大学院(生命ナノシステム科学研究科ゲノムシステム科学専攻)
  • 筑波大学大学院
  • 大阪大学大学院(核物理研究センター/生命機能研究科/医学研究科)
  • 京都大学大学院(医学研究科/生命科学研究科)

連携(客員)教員一覧

各教員の研究室情報は研究室主宰者一覧からお探しください。

海外大学院連携

中国 南京大学(医学院)
大連理工大学(化工学院)
湖南大学(車両工学部)
上海交通大学(物理系/船舶海洋建築工程学院/環境科学工程学院)
華中科技大学(光電子科学/工程学院)
華東理工大学
吉林大学(薬学院)
浙江大学(医学部公共衛生学院)
ハルピン工程大学情報(通信工程部)
蘭州大学(核科学技術学院)
中国科学院(金属研究所/近代物理研究所/大連化学物理研究所)
厦門大学(認知科学・知能工学系)
北京中医薬大学(前臨床医療学院)
北京大学※
西安交通大学※
台湾 国立清華大学
国立交通大学
国立台湾大学&中央研究院(Genome and Systems Biology Degree Program)
台北医学大学
韓国 浦項工科大学校
高麗大学校
国立ソウル大学校(自然科学研究科)
国立慶北大学校(物理学研究科)
延世大学校(物理学院)
漢陽大学校
梨花女子大学校(物理学科)
韓国カトリック大学校(物理学科)
モンゴル モンゴル国立大学(工学応用科学学部)
インド インド工科大学ボンベイ校
パキスタン パンジャブ大学
インドネシア パジャジャラン大学(理学部)
バンドゥン工科大学(自然科学研究科)
インドネシア大学(理学部)
シンガポール 南洋理工大学(理学院)
マレーシア マラヤ大学
マレーシア工科大学
マレーシア科学大学※
タイ マヒドール大学(理学部)
ベトナム ベトナム国立大学・科学大学(旧ハノイ科学大学)
ベトナム農業科学院
フィリピン フィリピン大学ディリマン校(国立物理学研究所)
ロシア カザン大学
ロシア連邦南大学(生物学・生物工学院)
モスクワ物理工科大学(物理学・応用物理学科)
スウェーデン カロリンスカ研究所(細胞・分子生物学科/アルツハイマー病研究センター/生物科学・栄養学科)
デンマーク コペンハーゲン大学(理学部生物学科(Computational and RNA Biology分野))
イギリス リバプール大学※
フランス カーン大学
リヨン第一大学 (物理学・天体物理学博士課程)
ストラスブール大学
パリ南大学
ドイツ テュービンゲン大学
グライフスヴァルト大学(理学部)
ビールフェルド大学(工学科)
スイス ETH チューリッヒ校
イタリア トレント大学(心理学・認知科学科)
アメリカ イリノイ大学シカゴ校(化学学科)
ブラジル アマゾナス州立大学
サンパウロ大学

※理研と戦略的に連携している大学

IPA受入対象者

理研と協定を締結した(あるいは締結の可能性のある)、国内外の大学の博士後期課程に在籍する(あるいは在籍予定の) 外国籍の学生が対象です。

受入期間

原則として3年間を上限として滞在が可能です。

待遇

  • 滞在費(日額 5,200円を支給)
  • 住居(構内住宅を無償で提供、もしくは月額7万円まで宿舎費を実費支給)
  • 旅費(現地国から理研への往復旅費を支給)
  • 保険(海外旅行総合保険への加入)

受入の流れ

国内大学院に在籍する場合

希望者は、まず、国内大学院連携より各大学の入試日程および募集案内をご確認ください。

  1. 連携大学の募集案内を確認し、連携教員に受入を打診
  2. 連携教員より、人事部 研究人事課に受入を希望する旨 連絡
  3. 大学院博士後期課程 受験書類を作成
  4. 理研内の各連携大学院審査部会において所内選考(※出願前に行う)
  5. 各連携大学院に出願(部会の推薦 必須)
  6. 院試合格の後、初めて理研IPAに認定

海外大学院に在籍する場合

希望者は、まず、 受入を希望する理研の研究者に直接打診してください。

  1. 受入を希望する理研研究者に直接打診
  2. 理研研究者より、人事部に受入を希望する旨 連絡
  3. 応募(公募時期:年2回、4月と10月)
    ※募集は年2回ですが、受入開始時期は自由に設定できます。
  4. 選考審査(書類選考、面接)
  5. 承認後、理研IPAとして受入

お問い合わせ先

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
理化学研究所 人事部 研究人事課
FAX: 048-463-3687
ipa-info [at] riken.jp
※[at]は@にしてください。