採用情報

研究員・特別研究員募集

研究室の概要

本研究チームでは、生きた細胞におけるイベントを原子分解能で明らかにするために、タンパク質など生体分子の細胞環境における動的な振る舞いを、主にNMR法を用いて解析します。解析を進めるために必要となる試料調製、安定同位体標識、NMR測定、およびNMRデータ解析における技術の開発および高度化もおこないます。また、当センターの計算コアの研究室との連携により、細胞環境における生体分子の動的な振る舞いに基づいた細胞動態の解明に貢献します。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種

研究員、特別研究員を募集します。各職種の職務内容は以下の通りです。

研究員:研究者として一定の経験・成果を有する方で、チームリーダーと相談しながら自律的に研究課題を遂行していただきます。
特別研究員:上位職者の指導のもと、自ら主体的に研究を進めるポジションです。今後、研究者として自律的に研究を進めるための礎を築いていただきます。

募集人数

研究員もしくは特別研究員 1名

職務内容

下記の課題に従事して頂きます。なお、下記課題は、本年度開始された文部科学省・科学研究費・新学術領域研究(研究領域提案型)「スパースモデリングの深化と高次元データ駆動科学の創成」(略称:疎性モデリング)の一環としておこなうものです。

NMRデータや生命分子の構造情報が有する情報学的特性に着目し、スパースモデリング(SM)等情報科学手法の導入により、生命分子のNMR計測やデータ解析の高速・高精度化を進めることにより、細胞内のタンパク質や超分子複合体等の複雑な生命分子系を対象にしたNMR計測の発展を目指します。具体的なテーマとしては、

  1. NMR信号をスパースに計測し、SMによる信号処理によりデータ補間をおこない、計測時間の大幅短縮とスペクトル品質の改善を達成するNMR計測の高速・高精度化の実現
  2. SMの導入により複雑な多次元NMRスペクトルのピーク分離識別能を向上させ、さらに解析の自動化を進めるNMRデータ解析の高速・高精度化の実現

など、情報科学と計測の融合による新たなNMR手法の開発を課題とします。自主的なテーマ提案も歓迎します。

応募資格

[募集職種および職務内容]に関連する分野での博士号取得者で、研究員については博士号取得後5年以上経過している事。特別研究員については、着任日までに博士号取得見込みの方も応募可。
構造生物学、計算科学など特に関連が深い分野での研究経験のある方を重視しますが、本課題に貢献できる技術、能力を有している幅広い分野の研究者の応募を歓迎します。広い視野を持ち、研究室内外の協力者と円滑なコミュニケーションを図り、連携、協調して業務に従事できる方を求めます。

勤務地

事業所名及び住所

独立行政法人理化学研究所 生命システム研究センター(横浜地区)
神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

待遇

単年度契約の任期制職員。
契約期間終了後は、評価により、当研究所が必要と認めた場合には、当研究所から雇用契約を申し出て、合意に至った場合には再度雇用契約を締結することがあります。必要性の有無は、能力、契約満了時の業務量、予算の状況、勤務態度況等に基づき判断します。ただし、再契約の上限はプロジェクト終了時までとし、最長でも平成30年3月31日までとします。

給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に入会(理研共済会規約による)。
休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程による。

※日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り

応募方法及び締切日

以下の提出書類をPDFにて、下記の[書類送付先]までEメールに添付してお送りください。 Eメールの件名欄には「応募書類の提出:QBiC-(希望する職種)-(応募者名)」と記載ください。 (記載例:「応募書類の提出:QBiC-研究員-理研太郎」)

提出書類

  1. 履歴書(写真付、Eメールアドレスを明記。また、「生体分子構造動態研究チーム」及び[募集職種及び職務内容]内のどの職種(研究員もしくは特別研究員)を希望するかを、1枚目の右上に赤字で記載すること。)
  2. 研究業績等一覧(原著論文、総説、著書、学会発表、科学研究費などの競争的外部資金の取得状況、その他に分けて記載)
  3. これまでの研究概要および成果(A4用紙2ページ以内)
  4. 着任した場合の抱負(研究提案や希望など、A4用紙2ページ以内)
  5. 現職の所属長または指導教官からの推薦書 1通
    ※現職の所属長から推薦書をもらうのが困難な場合は、第三者による推薦書
    ※宛名は「生命システム研究センター センター長」としてください
    ※推薦者から直接下記の[書類送付先]に送付して頂いても構いません
  6. 学位授与証明書(学位記のコピーも可)又は学位取得見込証明書

※応募書類は返却しませんのでご了承下さい。
※応募書類は日英どちらでも構いません。

締切日

ポストが埋まり次第締め切り

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、独立行政法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査後、書類選考通過者のみ面接を行います。面接時にプレゼンテーションを行っていただきます。

着任時期

できるだけ早い時期(応相談)

問合せ先・書類送付先

研究内容についてのお問い合わせ

独立行政法人理化学研究所 生命システム研究センター
細胞動態計測コア 生体分子構造動態研究チーム
チームリーダー 木川 隆則
Email: kigawa[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。

書類送付先・研究内容以外についてのお問い合わせ

独立行政法人理化学研究所 横浜事業所
研究支援部 生命システム研究センター採用担当
Email: QBiC-recruit[at]yokohama.riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。