採用情報

特別研究員募集(W478)

研究室の概要

中性子ビームは、その線源が大型施設等に限られるため、プローブとして優れているにも関わらず、ものづくり産業への応用の機会が大変少なく、新たな展開が待たれています。本研究室では、中性子ビームによる新たな検査・分析手法を創出するために、理研キャンパス内に小型中性子源システム(RANS:理研小型中性子源システム)を構築し、その高度化に向けた装置開発とともに、「見える化」を実現するための可視化、及び構造解析技術の開発を行っています。さらに、理研が長年取り組んできた塑性加工の分野においても、中性子ビームを用いたこれまでにない手法による金属組織観察と、今後発展が期待される多結晶塑性解析の融合により、次世代の塑性加工CAEの創出、ひいては成形加工プロセスの革新に貢献することを目指しています。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種・人数

特別研究員 1名(W478)
原則、博士号取得5年以内の者を特別研究員として採用します。

職務内容

理研小型中性子源システムの高度化ならびに中性子ビームによる金属組織計測実験、プレス機・万能試験機による塑性加工実験、塑性加工シミュレーションソフトウェアの開発など。

応募資格

博士の学位を有する方。

  1. 中性子またはエックス線、電子線、レーザ、原子核等ビーム実験、放射線計測の経験
  2. 金属板材成形における硬化挙動や成形限界に関する研究の経験
  3. 金属材料組織解析または有限要素シミュレーションに関する研究の経験

上記職務内容のうち一つ以上に関連する研究分野の経験を有することが望ましい。

勤務地

事業所名及び住所

理化学研究所 和光地区 (〒351-0198埼玉県和光市広沢2-1)

待遇

単年度契約の任期制職員で、評価により2018年3月末(平成30年3月31日)まで更新可能。
ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。
また、平成25年(2013年)4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。

給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。
休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程による。

※理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。
※日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合) の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り

応募方法及び締切日

提出書類

  1. 履歴書(写真付、Eメールアドレス)
    ※公募タイトルに記載されている公募番号(例W001)を履歴書の備考欄等に明記して下さい
  2. 研究業績リスト (原著論文、著書、解説、招待講演など)
  3. 主要論文別刷5編以内
  4. これまでの研究内容と概要ならびに職務経験(A4用紙1-2枚、:書式自由)
  5. 志望動機(A4用紙、:書式自由)
  6. 現在の所属長からの推薦書1通(現在の所属長から推薦書を困難な場合は、応募者をよく知る方からの推薦書。 推薦者の氏名、所属、身分、電話番号、E-mail アドレスを記載。A4用紙、:書式自由)

応募方法

応募する方は、提出書類をPDFファイルで作成し、電子メールでtakamura[at]riken.jpに送付のこと。
応募者は件名に「応募書類:中性子ビーム技術開発チーム 特別研究員応募の件」とご記載ください。
(推薦書は推薦者より直接電子メール takamura[at]riken.jp宛てに送付してください)
※応募書類は返却できませんので予めご了承下さい。

締切日

候補者決定次第、締め切り

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査後、選考通過者のみ面接を実施します。

着任時期

候補者決定後、できるだけ早い時期

問合せ先・書類送付先

〒351-0198 和光市広沢2-1 理化学研究所
理化学研究所 和光研究所
光量子工学研究領域 光量子技術基盤開発グループ 中性子ビーム技術開発チーム
担当者:高村 正人
Email: takamura[at]riken.jp ※[at]は@に置き換えてください。
問い合わせはメールでお願い致します。また、件名に「問い合わせ:中性子ビーム技術開発チーム 特別研究員」とご記載ください。