採用情報

特別研究員または研究員募集

研究室の概要

当研究室では、X線非弾性散乱法を用いて、meV(THz振動数領域)のエネルギースケール、かつ原子スケールにおける物質のダイナミクスを対象に研究を行っています。当研究室の最大のプロジェクトは、新型で他に類をみないほど強力なX線非弾性散乱ビームラインを設計・建設・調整試験することです。このビームラインは、高分解能をもち、これまでにない原子ダイナミクスや電子励起を測定可能であると考えられます。その他のプロジェクトとして、マルチフェロイック物質や特に超伝導体を対象とした電子相関系物質のフォノン、液体のダイナミクス、高圧力下における物質の弾性定数、さらに新計測法に向けたX線光学素子等の装置開発についても研究を行っています。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種・人数

特別研究員または研究員、1名

職務内容

主な職務内容は、先ごろ立ち上った世界屈指のX線非弾性散乱スペクトロメータを利用した、物質の原子・電子ダイナミクス研究となります。この装置では、それぞれ1及び30meV以下のエネルギー分解能で測定可能です。主たる研究対象は、磁気弾性結合、強相関系、マルチフェロイクス関連物質、あるいは液体になります。放射光(SPring-8)やX 線自由電子レーザー(SACLA)に加え、オフラインの様々な実験設備を利用して研究を推進していただきます。

応募資格

博士号取得の方、もしくは取得見込みの方 (博士号取得後5年未満の方は、特別研究員として採用します)。
IXS、INS、Raman、IRなど各種の分光法の経験を有することが望ましいですが、幅広い実験系分野の方からの応募を歓迎します。新しいX 線測定手法の開発および装置開発の経験がある方、あるいはそれらに興味のある方を高く評価します。

勤務地

事業所名

理化学研究所 放射光科学総合研究センター

所在地

兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1

待遇

  1. 単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年(特別研究員の場合は5年)を迎えた年度末を上限として再契約可能。
  2. ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。
  3. また、平成25年(2013年)4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。

給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。
休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程による。

※理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。
※日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)
の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り

応募方法及び締切日

提出書類

  1. 履歴書(顔写真付き)
  2. 研究業績リスト(査読付論文、学会発表等)
  3. 着任後の研究についての計画・抱負
  4. 主要論文別刷り(コピー可)2~3編
  5. 照会可能な方2名の氏名・所属・連絡先(予め了承を得てください)

※提出書類は英語にて作成してください。

応募要領

提出書類は下記宛に電子メールにて提出してください。
理化学研究所 放射光科学総合研究センター バロン物質ダイナミクス研究室
BARON Alfred
Email: baron[at]spring8.or.jp ※[at]は@に置き換えてください。

締切日

適任者が決まり次第締め切り。

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、国立研究開発法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査、書類選考通過者のみ面接

着任時期

採用決定後、できるだけ早い時期(応相談)

問合せ先・書類送付先

〒679-5148 兵庫県佐用郡佐用町光都1-1-1
理化学研究所 放射光科学総合研究センター バロン物質ダイナミクス研究室
BARON Alfred
Email: baron[at]spring8.or.jp ※[at]は@に置き換えてください。