採用情報

研究員、特別研究員またはリサーチアソシエイト募集(DSSB-1705)

募集研究室

ライフサイエンス技術基盤研究センター 構造・合成生物学部門 創薬分子設計基盤ユニット
(基盤ユニットリーダー: 本間 光貴 )

研究室の概要

ライフサイエンス技術基盤研究センターは、創薬・医療の推進に向けた技術的課題を解決する基盤技術研究を推進するとともに、次世代のライフサイエンス研究を推進するための研究開発を行うことを目標としています。

構造・合成生物学部門では、生体分子が働く姿をとらえるための技術や、生体の働きをコントロールする分子を自在に合成するための技術を開発します。

創薬分子設計基盤ユニットでは、疾患標的タンパク質の立体構造と既知阻害剤情報を用いて、最新のモデリング理論と統計理論の両面から精度の高いインシリコスクリーニングを実施し、さらに、ヒットした創薬シードを出発点として、薬理活性やADMET(体内動態と毒性)プロファイルを向上させる最適化設計を行います。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種・人数

研究員、特別研究員またはリサーチアソシエイト、いずれか1名

職務内容

理化学研究所の社会知創成事業である「創薬・医療技術基盤プログラム」において、標的タンパク質の立体構造と既知阻害剤情報を用いて、最新のモデリング理論と統計理論の両面から精度の高いインシリコスクリーニングを実現する。具体的には、分子動力学や量子力学に基づいた生体分子シミュレーション、実験データに基づく機械学習、ADMET(薬物動態と毒性)を考慮した最適化設計等を実施する。

募集職種の位置付けは以下の通りです。
研究員:ユニットの研究課題等を実施する。
特別研究員:上位職者の育成指導を受けて、ユニットの研究課題等を実施する。
リサーチアソシエイト:上位職者の指導を受けて、ユニットの研究課題等を実施する。

応募資格

各職種共通

研究室内外の協力者と円滑なコミュニケーションを図り、連携、協調して業務に従事できる方。

研究員・特別研究員

分子動力学・量子力学に基づくシミュレーション、タンパク質モデリング、機械学習による予測モデル構築、ADMETを考慮した最適化設計のいずれかの分野での博士号取得者で、研究員については博士取得後3年以上経過している方。

リサーチアソシエイト

分子動力学・量子力学に基づくシミュレーション、タンパク質モデリング、機械学習による予測モデル構築、ADMETを考慮した最適化設計のいずれかの分野での修士号取得者。もしくは同等の能力を有すると認められる方。また、将来的に博士号取得を積極的に目指し、研究員等の上位職種への転換を目指す明確な意欲、意思のある方。

勤務地

理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター(横浜地区)
神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-22

待遇

契約期間

研究員:

  1. 単年度契約の任期制職員で、評価により、採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
  2. ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。
  3. また、平成25年(2013年)4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。
  4. 2019年度に「創薬・医療技術基盤プログラム」の事業について見直しが予定されており、従事する研究の継続がされない場合は、第2項のプロジェクトが存続しないことに該当し、2020年度の再契約は行わないことになります。

特別研究員:

  1. 単年度契約の任期制職員で、評価により、採用日から3年を上限として再契約可能。なお、年度ごとの評価に加え、採用後3年目に評価を行い、審査・選考を経て、上位職種として雇用を継続するか、決定します。
  2. ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。
  3. また、平成25年(2013年)4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。
  4. 2019年度に「創薬・医療技術基盤プログラム」の事業について見直しが予定されており、従事する研究の継続がされない場合は、第2項のプロジェクトが存続しないことに該当し、2020年度の再契約は行わないことになります。

リサーチアソシエイト:

  1. 単年度契約の任期制職員で、評価により、採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
  2. ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。
  3. また、平成25年(2013年)4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。
  4. なお、評価においては、将来的に博士号取得を積極的に目指し、研究員等の上位職種への転換を目指す明確な意欲、意志を確認します。
  5. 2019年度に「創薬・医療技術基盤プログラム」の事業について見直しが予定されており、従事する研究の継続がされない場合は、第2項のプロジェクトが存続しないことに該当し、2020年度の再契約は行わないことになります。

給与等

給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住居手当の支給及び社会保険の適用あり。
理研共済会(互助組織)に要入会。

休日

土日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、弊所設立記念日(10月第4月曜日)。

その他

※弊所規程による。
※理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。公正な評価に基づき能力が同等と認められる場合は、女性を積極的に採用します。
※日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象職となります。また、外部研究費(科研費等)の申請資格があります。

応募方法及び締切日

以下の提出書類をPDFにて、下記の書類送付先までEmailに添付してお送り下さい。
※PDFは内容の分かるファイル名として下さい(例:1履歴書(応募者名).pdf)
※Emailの件名欄には、「応募書類の提出:(DSSB-1705)CLST/DSSB_職名(例:研究員)希望」と記載して下さい。

提出書類

  1. 履歴書(写真貼付)
    ※Eメールアドレスを必ずご記入下さい。
    ※欄外の右上に、公募記号(DSSB-1705)と希望職名(例:研究員)を明記して下さい。
    ※なるべく上のフォーマットをお使い下さい。
  2. 研究業績一覧(原著論文、総説、著書、学会発表、その他に分けて記載)
  3. これまでの研究概要及び成果(A4用紙2ページ程度)
  4. 着任した場合の研究の抱負(A4用紙1ページ以内)
  5. 科学研究費補助金などの競争的外部資金の取得状況(代表・分担を記載)
  6. 現職の所属長又は指導教員からの推薦書 1通
    ※推薦者の連絡先(名前、所属、職名、電話番号、Eメールアドレス)を必ずご記載下さい。
    ※現職の所属長から推薦書をもらうのが困難な場合は、第三者による推薦書をお送り下さい。
    ※宛名は「ライフサイエンス技術基盤研究センター センター長」として下さい。
    ※推薦者の方が推薦書を直接送付される場合には、Emailの件名欄に「(応募者氏名)さんの推薦書送付の件」とご記載いただき、下記の書類送付先までお送り下さい。

※応募書類は返却しませんのでご了承下さい。

締切日

ポストが埋まり次第締め切り

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、弊所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類審査後、書類選考通過者のみ面接を行います。

着任時期

可能な範囲で早期(応相談)

書類送付先・問合せ先

理化学研究所 横浜事業所 研究支援部 人事課
ライフサイエンス技術基盤研究センター採用担当:CLST-recruit[at]riken.jp([at]は@に置き換えて下さい。)

※書類のご提出、お問い合わせはメールにて受け付けます。お問い合わせの際には、件名の冒頭に「(DSSB-1705)CLST/DSSB創薬分子設計基盤ユニット 希望職名(例:研究員)募集」と記載して下さい。
※研究内容についてご質問がある場合には、clst-jobs[at]riken.jp(ライフサイエンス技術基盤研究推進室)までお問い合わせ下さい。([at]は@に置き換えて下さい。)