採用情報

特別研究員/開発研究員募集

募集研究室

バイオリソース研究センター iPS創薬基盤開発チーム
(チームリーダー: 井上 治久 )

研究室の概要

理化学研究所バイオリソース研究センターに寄託された疾患特異的iPS細胞の細胞バンクは、我が国発のiPS細胞技術により作製された各種疾患のiPS細胞が寄託されており、我が国の大きな資産となっています。ヒトの遺伝子を保有し、無限に増え、すべてのヒトからの作製可能なヒトiPS細胞の創薬・病態研究でのニーズと重要性が今後ますます高まっていくと考えられます。理化学研究所バイオリソース研究センター iPS創薬基盤開発チームは、創薬・病態研究の基盤技術を開発するとともに、基礎科学・工学的な技術を導入しながら、それらを用いた創薬・病態研究を先導、技術支援を、バイオリソース研究センターのiPS細胞を利活用して行います。

募集職種、募集人数及び職務内容

募集職種・人数

特別研究員/開発研究員 1名

  • 特別研究員は、上位職者の指導のもと、自ら主体的に研究を進めるポジションです。今後、研究者として自立的に研究を進めるための礎を築いていただきます。
  • 開発研究員は、研究者として既に一定の経験・成果を有する者で、チームリーダーと相談しながら、自律的に研究課題を遂行していただきます。

職務内容

上記の[研究室の概要]の使命を果たすため、

  1. 疾患特異的iPS細胞を用いた分化誘導法開発
  2. 疾患特異的iPS細胞を用いた疾患モデルの構築、病態解析
  3. 疾患特異的iPS細胞を用いた創薬スクリーニング系の開発
  4. 上記を用いた創薬・病態研究の技術支援等

を実施していただきます。

応募資格

  1. 特別研究員は、博士号取得後 5 年未満の者。(平成30年度中に博士号取得見込の方も可)
  2. 開発研究員は、博士号取得後 5 年以上の研究経歴のある者。
  3. 生物科学(医学・理学・農学・工学など)大学院博士課程修了者(平成30年度中に学位取得見込みの場合も考慮します)。特に、分子生物学、遺伝学、病理学、解剖学、細胞生物学、薬理学、基礎医学等の知識と技術を習得し、多能性幹細胞(ES/iPS 細胞)を用いた研究の経験と実績のある方を優先します。加えて、ゲノム編集技術を活用した研究の経験と実績もあれば、その方を優先します。
  4. 年齢、国籍、性別は問いませんが、論理的かつ建設的に思考し、研究開発職で通用する英語(読む・書く・聞く・話す)が出来ることを希望します。
  5. 本チームの職務内容遂行に強い意欲を持ち、自発的かつ積極的に取り組み、他のメンバーと協力して円滑に業務を遂行できる事が必須です。

勤務地

事業所名及び所在地

理化学研究所 バイオリソース研究センター(けいはんな拠点)
〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台1丁目 けいはんなプラザ スーパーラボ棟

待遇

特別研究員は、単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から5年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
開発研究員は、単年度契約の任期制職員で、評価により採用日から7年を迎えた年度末を上限として再契約可能。
ただし、能力、契約満了時の業務量、勤務成績、勤務態度、所属しているセンター等若しくは研究室等又は従事しているプロジェクトの存続及び当研究所の経営の状況、予算状況等により、再契約可能期間については変更になる場合もあります。また、原則として65歳を超えての再契約は行いません。
また、平成25年(2013年)4月1日以降、当研究所との有期雇用の通算契約期間が10年を超えることはありません。

試用期間有り(原則2ヶ月)。
給与は、経験、能力、実績に応じた年俸制で、通勤手当、住宅手当の支給有り。社会保険の適用有り。
理研共済会(互助組織)に要入会。
専門業務型裁量労働制適用で、1日7時間30分就業したものとみなされます。
休日は、土日、祝日、年末年始(12/29-1/3)、当研究所設立記念日。
その他、当研究所規程による。

※理化学研究所は、女性も男性も1人1人が能力を発揮できるよう様々な取組を行い、男女共同参画を推進しています。

※日本学生支援機構奨学金(平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象、科学研究費補助金の申請資格有り

応募方法及び締切日

提出書類

  1. 履歴書
  2. 研究業績一覧
  3. 代表的な論文の別刷りまたはそのコピー(3編以内)
  4. 現在までの研究成果・職務等の概要(MS明朝11フォントでA4サイズ2ページ以内)
  5. 採用後の抱負(MS明朝11フォントでA4サイズ2ページ以内)
  6. 現職の所属長を含む推薦書2通
    (日付及び推薦者の押印を必須とします。現職の所属長または指導教官から推薦書をもらうことが困難な場合は、第3者による推薦書でも可とする。推薦書の宛名は「国立研究開発法人理化学研究所バイオリソース研究センター長」とすること。)
  7. 学位授与証明書(学位記のコピーも可)または学位取得見込証明書

締切日

候補者決定次第締め切り

※封筒表に「特別研究員/開発研究員応募書類在中」と朱書きの上郵送のこと(持参不可)。応募書類は返却しませんのでご了承下さい。

個人情報の取扱について

提出していただいた書類は、国立研究開発法人理化学研究所個人情報保護規程に則り厳重に管理し、採用審査の用途に限り使用されます。
これらの個人情報は正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

選考方法

書類選考後、採用候補者となった者に対して面接を行う。
面接によって採用または不採用を決定する。

着任時期

平成31年4月以降、なるべく早い時期(応相談)

問合せ先・書類送付先

問合せ先

問合せについてはメールのみで受付。電話での問合せは受け付けない。件名の冒頭に「iPS創薬基盤開発チーム 特別研究員/開発研究員応募」と記載のこと。
E-mail:koubo[at]ml.rtc.riken.jp ([at]は@に置き換えて下さい)

書類提出先

〒305-0074
茨城県つくば市高野台3-1-1
理化学研究所筑波事業所 研究支援部 人事課 採用担当