分子反応と細胞行動の関係を飛躍なく説明したい。私達は、細胞内1分子計測技術を始めとする顕微計測・細胞工学・生体システムの再構成・反応ネットワークの数理解析・計算機実験などの技術開発と、それらを応用した研究を通じて、蛋白質分子から分子システム、細胞、そして細胞間相互作用の各階層において、生体システムが有する情報処理機能の性質とその発現機構を解明することを目指しています。

更新履歴

 

2016年

7月 27日
牧野さん、阿部さん、白さんの論文がアクセプトされました。「A novel sphingomyelin/cholesterol domain-specific probe reveals the dynamics of the membrane domains during virus release and in Nieman-Pick type C」
7月 20日
荒田さんの論文がアクセプトされました。
6月 20日
廣島さんと佐甲主任の書籍(実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ「初めてでもできる!超解像イメージング STED,PALM,STORM,SIM,顕微鏡システムの選定から撮影のコツと撮像例まで」が出版されました。
1月 20日
新土さんの論文プレスリリースが掲載されました。
1月 16日
荒田さんの論文が2015年にFrontiers journal seriesから出版された12,500本の論文の内、最も閲覧された論文の16位にノミネートされました。

 

 

2015年

12月 11日
岡本さんの論文が掲載されました。
12月 8日
佐甲主任の総説が掲載されました。
10月 28日
理化学研究所・独創的研究課題「脂質の統合的理解」のホームページを公開しました。
6月 10日
柳川さんの論文が掲載されました。
5月 13日
技術補佐員(パートタイマー)さんを募集しています(終了)。
5月 5日
高根沢さんの論文が掲載されました。
4月 1日
永峰さん、吉澤さんがメンバーに加わりました。
 

2014年

12月 27日
荒田さんの論文が掲載されました。
11月
荒田さんの解説記事が掲載されました。
11月 17日
白さんの論文が掲載されました。
10月 3日
盛田さん、高根沢さんの論文が掲載されました。
11月5日
アシスタント、パートタイマーさんを募集しています(終了)。
6月30日
廣島さん、日比野さんの解説記事が掲載されました。
5月 20日
廣島さんの論文が掲載されました。
4月 8日
白さんの論文が受理されました。
4月 1日
佐久間さん前田さん宮城さんがメンバーに加わりました。
3月 13日
白さんの寄稿を含む本が刊行されることになりました。
3月 7日
白さんの論文が掲載されました。
2月 28日
白さんの論文が受理されました。
2月 20日
前田さんの論文が掲載されました。
1月 14日
白さんの論文が highlight, cover に選ばれました。

 

採用情報

メンバーを随時募集しております。
メールにてお問い合わせください。

 

リンク

理化学研究所・独創的研究課題「脂質の統合的理解」ホームページへのリンクです