独立行政法人理化学研究所   基幹研究所   強相関量子科学研究グループ
 

過去のTopics

2012.07.30
室温において乾電池程度の電圧で電気的性質と結晶構造をスイッチ
-電界効果で固体全体の性質を変える「相転移」に成功-
[7/26プレスリリース]

2012.07.20
人事異動情報 (2012年7月15日付)

2012.07.12
十倉好紀 教授が
“2012 IUPAP Magnetism Award and Néel Medal”を受賞

2012.07.12
金属と絶縁体が入り混じる物質で電子応答の測定に成功
-相分離構造を利用した次世代メモリやセンサの実現に期待-
[7/11プレスリリース]

2012.06.18
失われた電子スピンの情報が、実は保存されていたことを発見
-電子スピンを情報単位とするスピントロニクスデバイスの実用化へ前進-
[6/15プレスリリース]

2012.05.09
強相関量子科学理論フォーラムセミナー開催のお知らせ
  • Michael Hermele
    “Symmetry and classification of Z2 topological spin liquids”
  • 下記の要綱で、強相関量子科学理論フォーラムセミナーを開催いたします。周囲お誘い合わせの上、奮ってご参加ください。
  • 日時: 2012年 5月 30日 14:00-15:30
    場所: 理化学研究所和光キャンパス 研究本館4階会議室(435, 437)
    講演者:Michael Hermele
    (Assistant Professor of Physics, University of Colorado)
    タイトル: “Symmetry and classification of Z2 topological spin liquids”
  • 詳細・アブストラクト: pdfMichael_Hermele_RIKEN20120530.pdf

2012.04.26
2012年度 一般公開終了のお知らせ

2012.04.20
2012年度 一般公開のお知らせ
[21日開催]

2012.04.16
電場で制御可能なナノスケールのスピン渦(スキルミオン)を発見
(超低消費電力な次世代の演算・磁気メモリ素子に道)

[4/13: プレスリリース]

2012.03.06
[RIKEN-APW-APCTP Joint Workshop / 2012.1.14-16]
会議公式ページトップに終了報告と写真がアップされています。

2012.02.06
セミナーのお知らせ:
Quantum Science on Strong Correlation Theory Forum

2012.02.06
Optics gets magnetic powers
グループ関連成果の記事が、2012年2月3日、RIKEN RESEARCHのHighlight of the Monthに掲載されました。

2012.01.24
FIRST-QS2C Theory Forum
RIKEN-APW-APCTP Joint Workshop
“Recent trends in condensed matter physics”

盛況のうち終了しました。たくさんのご参加ありがとうございます。
  • FIRST QS2C Theory Forum RIKEN-APW-APCTP Joint Workshop
  • 日時: 2012年1月14日-16日
    場所: 理化学研究所和光キャンパス 大河内記念ホール
      参加費無料、一般参加自由
    会議詳細は、以下の会議公式ページにて。
    (別ウインドウで開きます) http://www.riken.jp/qs2c/TF/2012_1_WS/index.html


2012.01.06
FIRST-QS2C Workshop on
“Emergent Phenomena of Correlated Materials”

盛況のうち終了しました。たくさんのご参加ありがとうございます。
  • 日時: 2011年12月12日-15日
    場所: ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート (沖縄県)
    会議詳細は以下の会議公式ページにて。
    (別ウインドウで開きます)
    http://www.riken.jp/qs2c/2011WS/index.html
  • 2011WS Emergent Phenomena of Correlated Materials


2012.01.06
FIRST-QS2C Theory Forum
RIKEN-APW-APCTP Joint Workshop
“Recent trends in condensed matter physics”

まもなく開催されます。周囲お誘い合わせのうえ、ふるってご参加ください。
  • FIRST QS2C Theory Forum RIKEN-APW-APCTP Joint Workshop
    日時: 2012年1月14日-16日
    場所: 理化学研究所和光キャンパス 大河内記念ホール
      参加費無料、一般参加自由
    会議詳細は、以下の会議公式ページにて。
    (別ウインドウで開きます)
    http://www.riken.jp/qs2c/TF/2012_1_WS/index.html


2011.11.21
FIRST-QS2C Theory Forum
RIKEN-APW-APCTP Joint Workshop
“Recent trends in condensed matter physics”

FIRST QS2C Theory Forum RIKEN-APW-APCTP Joint Workshop
  • 会議公式ページが公開され、ポスター発表登録受付を開始しました。
    12/5追記:ポスター登録を締め切りました。
  • 日時: 2012年1月14日-16日
    場所: 理化学研究所和光キャンパス 大河内記念ホール
      ポスター発表アブストラクト登録受付(審査あり):締切りました。(12/5追記)
  • 会議詳細およびポスター登録は、以下の会議公式ページにて。
    (別ウインドウで開きます)
    http://www.riken.jp/qs2c/TF/2012_1_WS/index.html


2011.08.18
FIRST-QS2C Workshop on
“Emergent Phenomena of Correlated Materials”
2011WS Emergent Phenomena of Correlated Materials
会議公式ページが公開され、参加登録受付を開始しました。
  • 日時: 2011年12月12日-15日
    場所: ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート (沖縄県)
    参加登録: 受付中~2011年11月4日締切
    詳細および参加登録は、以下の会議公式ページにて。
    (別ウインドウで開きます)
    http://www.riken.jp/qs2c/2011WS/index.html


2011.09.01
人事異動情報 (2011年9月1日付)

2011.07.07
人事異動情報 (2011年7月1日付)

2011.06.22
夏季研修生の研修期間終了のお知らせ

2011.05.31
十倉好紀 教授が第52回 藤原賞を受賞
  • 十倉 好紀教授(理研 基幹研 強相関量子科学研究グループ グループディレクター 兼
    東京大学大学院工学系研究科 物理工学専攻 教授)が第52回藤原賞を受賞しました。
    贈呈式は平成23年6月17日16時より、東京 神田の学士会館にて行われる予定です。
    業績: 「物質中の巨大な電気磁気応答の創成」
    公益財団法人 藤原科学財団 ホームページ: http://www.fujizai.or.jp/
    関連記事が5/29 読売新聞朝刊に掲載されました。


2011.02.23
川﨑雅司 教授が第8回 本多フロンティア賞を受賞
  • 本プロジェクトサブテーマリーダー・川﨑 雅司 教授(理研 基幹研 強相関デバイス研究チーム・チームリーダー 兼 東京大学大学院工学系研究科 量子相エレクトロニクス研究センター教授)が
    本多フロンティア賞を受賞しました。
    贈呈式は平成23年7月1日13時より、東京 神田の学士会館にて行われる予定です。
    (地震の影響により、延期になりました。)
    業績: 酸化物界面の原子レベル制御による新光電子機能の開拓
    財団法人 本多記念会 ホームページ: http://hondakinenkai.or.jp/


2011.05.06
人事異動情報 (2011年5月1日付)

2011.04.20
(4/25 追記:) 終了しました。たくさんのご来場ありがとうございます。
理化学研究所 和光キャンパス一般公開がまもなく開催されます。
  • 日時: 2011年 4月 23日(土)9:30-16:30 (入場は16:00まで)※雨天決行・入場無料
    開催場所:独立行政法人 理化学研究所 和光キャンパス
  • 一般公開公式ページ:
    http://www.riken.jp/r-world/event/2011/open/wako/index.html
    交通・アクセス:
    http://www.riken.jp/r-world/riken/campus/wako/index.html
    当日は和光市駅南口より無料シャトルバスも運行されます。
    http://www.riken.jp/r-world/event/2011/open/wako/access/index.html
  • 強相関量子科学研究グループでも、研究の紹介をします。
    「強相関電子材料を作る、測る、圧してみる」
    強相関電子材料では、物質の中のたくさんの電子が互いに強く影響し合うことでドラマチックな機能が現れます。 新しい機能を持った物質をどのように作るか、どのように測るかを、今回は特に圧力をテーマに紹介します。
  • 場所:フロンティア中央研究棟 2階 210
    キーワード:強相関電子材料
    紹介グループ:強相関量子科学研究グループ、交差相関物性科学研究グループ


2011.03.01
人事異動情報 (2011年3月1日付)

2011.02.22
FIRST サイエンスフォーラム (第2回) が終了しました。
  • 第2回 テーマ:「ブレークスルー:自分の常識と限界を打ち破れ!」
    参加者数計171名と、大盛況のうちに終了致しました。 たくさんのご参加ありがとうございます。(2/20 開催)


2011.02.16
FIRST サイエンスフォーラム が間もなく開催されます。
  • 第2回「ブレークスルー:自分の常識と限界を打ち破れ!」
      - 高校生などの若者と世界トップクラスの日本の科学者が語り合うフォーラム -
    [登壇者] 十倉好紀・安達千波矢・中須賀真一
    [ゲストパネリスト] 立花隆
    FIRSTサイエンスフォーラムチラシ表 FIRSTサイエンスフォーラムチラシ裏
    日時: 2010年2月20日(日) 大阪 レ ルミエール 14:00~17:00
    参加登録受付期間: 2010年2月18日 17:00まで 参加費は無料。 参加登録・詳細はフォーラム公式ページにて。
    FIRST サイエンスフォーラム: http://first-pg.jp/
    なお、当日の様子はニコニコ動画で生中継される予定です。(2月20日 14:00-17:00)
    ニコニコ動画: http://live.nicovideo.jp/watch/lv37416288


2011.01.07
人事異動情報 (2011年1月1日付)

2011.01.06
研修生の研修期間終了のお知らせ (2010年12月14日付)

2010.11.30
9月に開催されたOpening Symposium of QS2C Theory Forumの写真を、会議公式ページのProgramに更新しました。

2010.10.14
研修生情報 (2010年8月26日付)

2010.09.27
Opening Symposium of QS2C Theory Forum が開催されています。
<10/14追記>終了しました。たくさんのご参加ありがとうございます。

2010.09.02
Topical meeting of QS2C Theory Forum が終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

2010.08.27
Topical meeting of QS2C Theory Forumがまもなく開催されます。(2012年9月1日~2日)

2010.07.30
Opening Symposium of QS2C Theory Forum の参加登録を公式ページで受付中です。( 8/22まで )

2010.06.28
強相関量子科学研究グループのホームページを公開しました。

2010.04.01
強相関量子科学研究グループ (CERG) が発足
  • 独立行政法人理化学研究所 基幹研究所に、FIRSTプログラムを実施する強相関量子科学研究グループが発足しました。(2010年4月1日付) 6研究チームと1支援チームから構成されます。