独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 強相関量子科学研究グループ


    チーム名クリックで各チーム説明にリンクします。


強相関量子科学研究グループ

強相関量子伝導研究チーム




チームリーダー: Harold Y. Hwang
我々は、遷移金属酸化物ヘテロ構造の量子輸送特性を調べることを目的としています。これまで、メゾスコピック物理のコンセプトやテクニックは、これら遷移金属材料の大部分の研究においてほとんど適用されてきませんでした。これは、遷移金属酸化物の電子の平均自由行程が典型的に短いということが原因しています。しかし、最近では酸化物ヘテロ構造の原子スケール成長に関して重要な進展があり、それによって多数のシステムにおいて、金属性、磁性、超伝導の界面が見いだされています。それらの幾つでは、通常状態の電子を用いた界面実験が新たに利用できるのに十分な高い電子移動度を持っていることが分かってきました。我々は、d電子システムのメゾスコピック効果を観測するために、リソグラフィでよく定義された微細構造において、これら界面システムを用いることを提案します。



強相関物性研究チーム



強相関理論研究チーム



強相関界面デバイス研究チーム



強相関物質研究チーム



強相関複合材料研究チーム





強相関研究支援チーム