独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 強相関量子科学研究グループ


    チーム名クリックで各チーム説明にリンクします。


強相関量子科学研究グループ

強相関界面デバイス研究チーム




チームリーダー: 川﨑 雅司
単一の電子を考えればほとんどのデバイス動作が理解できる半導体とは大きく異なり、強相関酸化物では多数の電子がお互いを強く感じて電子状態を決め、わずかな刺激で相転移を起こします。これらの酸化物を舞台に、異なる電子状態をつなぎ合わせた界面で起こるせめぎ合いを制御し、外部の刺激に大きく応答する物性を開拓します。さらに、スイッチ、センサー、太陽電池などへの機能化を実証し、性能の飛躍的な向上を目指します。


強相関物質研究チーム



強相関複合材料研究チーム



強相関量子伝導研究チーム



強相関物性研究チーム



強相関理論研究チーム





強相関研究支援チーム