独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 強相関量子科学研究グループ


    チーム名クリックで各チーム説明にリンクします。


強相関量子科学研究グループ

強相関理論研究チーム




チームリーダー: 永長 直人
固体における電子状態を、そのトポロジカルな性質に着目して理論的に研究し、非散逸性カレントを含む新奇電子機能の開拓を行う。第一原理電子状態計算と、場の理論を用いた解析的手法、数値計算によるモデル解析を組み合わせることで、強相関電子の示す磁気特性、光学特性、伝導特性、熱特性、などをその内部自由度(スピンや軌道)に着目して予言・設計します。特にこれらの諸物性の間の非自明な相関―交差相関―に焦点を当て、相対論的スピン軌道相互作用やスピンテクスチャーがもたらすトポロジーを考慮することで、電子分裂、非散逸性、などの新しい概念の構築を目指します。


強相関界面デバイス研究チーム



強相関物質研究チーム



強相関複合材料研究チーム



強相関量子伝導研究チーム



強相関物性研究チーム





強相関研究支援チーム