独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 交差相関物性科学研究グループ

riken
CMRG home
English

2013年4月1日をもちまして当グループは創発物性科学研究センターへと移行しました。
創発物性科学研究センターのページをご覧ください

Members (CMRG)

川崎雅司

氏名

researcherID

川崎 雅司

研究分野

酸化物エレクトロニクス

リンク

川崎研究室

略歴

1961年12月 大阪府生まれ
1984年3月 東京大学工学部合成化学科 卒業
1989年3月 東京大学大学院工学系研究科化学エネルギー工学専攻 博士課程修了 工学博士
1989年4月 日本学術振興会 特別研究員(日立製作所中央研究所)
1989年9月 IBM T. J Watson Research Center ポスドク
1991年7月 東京工業大学工業材料研究所(現応用セラミックス研究所) 助手
1992年3月 - 1994年12月 新技術事業団(現科学技術振興事業団)さきがけ研究 光と物質領域研究員(併任)
1996年3月 - 1996年8月 ドイツKFAユーリッヒ中央研究所 表面科学研究所客員研究員(併任)
1997年4月 東京工業大学大学院総合理工学研究科物質科学創造専攻 助教授
1997年6月 - 2002年3月 アトムテクノロジー研究体(JRCAT) グループアドバイザー(併任)
1999年4月 - 2006年3月 無機材質研究所(現物質・材料研究機構) コンビナトリアル化合物機能開発 グループリーダー(併任)
2001年4月 - 現在 東北大学金属材料研究所 教授(2007年10月より兼務)
2001年5月 - 2002年3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科物質科学創造専攻 教授(併任)
2001年5月 - 2008年3月 産業技術総合研究所 強相関電子技術研究センター 強相関超構造研究チーム長(併任)
2002年4月 - 2004年3月 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 コンビナトリアル材料化学講座 教授(併任)
2006年4月 - 2008年3月 韓国国立光州科学工科大学(Gwangju Institute of Science and Technology)理工学部 客員教授(併任)
2007年10月 - 現在 東北大学原子分子材料科学高等研究機構(WPI) 教授(2011年1月より委嘱教授)
2007年10月 - 現在 理化学研究所 交差相関物性科学研究グループ 交差相関超構造研究チーム チームリーダー(併任)
(2008年4月より名称変更)
理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域
交差相関物性科学研究グループ 交差相関超構造研究チーム チームリーダー(併任)
2010年4月 - 現在 理化学研究所 基幹研究所 強相関量子科学研究グループ 強相関界面デバイス研究チーム チームリーダー(併任)
2011年1月 - 現在 東京大学大学院工学系研究科量子相エレクトロニクス研究センター物理工学専攻 教授

学会活動・社会貢献

Oxide Electronics Workshop国際諮問委員、MRSシンポジウムオーガナイザー。APS、MRSなど著名国際会議での基調講演、招待講演、約150件。電子協「酸化物エレクトロニクス調査委員会」(95-96)幹事。J. Crystal Growth(Elsevier),Associate Editor。

研究業績内容

酸化物薄膜成長を原子レベルで制御して、新非平衡物質や接合・超格子を作製し、電子・光・磁気に関わる新物性の開拓と機能化に関する研究。対象とする化合物群は、高温超伝導、超巨大磁気抵抗、酸化亜鉛系紫外発光材料、Ti系誘電体など。酸化物単結晶基板の表面を原子レベル平坦でかつ終端原子層を規定する技術を開発し、酸化物エピタキシーの制御技術をGaAs並みに向上させることに成功。酸化亜鉛を用いて、いずれも酸化物で初めてとなる室温紫外励起子レーザー発振、ホモpn接合電流注入発光素子、量子ホール効果を実現。酸化物超格子やドーピング制御薄膜などで複数の試料を同時に一枚の基板上に集積化するコンビナトリアルレーザーMBEを開発。現在の興味は、酸化物界面で発現する量子相関効果の開拓とデバイス応用。 既発表論文はNature誌1編、Science誌5編、Nature Materials誌3編、Advanced Materials誌5編、Phys. Rev. Lett.誌13編、Appl. Phys. Lett.誌 129編、Phys. Rev.B.誌44編など。Web of Science 登録論文合計486編に対する被引用数は16,600回、h-index = 62。

1996年日本学術振興会第146(超伝導エレクトロニクス)委員会賞 「高温超伝導薄膜の精密制御」
1997年第一回超伝導科学技術賞 「高温超伝導薄膜の精密制御」
1997年MRS Symposium Highlight 「酸化亜鉛励起子紫外レーザー発振」
2001年丸文研究奨励賞 「酸化亜鉛薄膜の精密エピタキシーと紫外レーザー発振」
2005年第19回日本IBM科学賞 エレクトロニクス分野 「酸化物エピタキシーの精密化と集積化による新電子機能の開拓」
2006年丸文学術特別賞 「酸化亜鉛のp型制御法の開発と発光ダイオードによる実証」
2007年第3回日本学術振興会賞 「金属酸化物の精密エピタキシーと電子機能化に関する研究」
2007年第7回山崎貞一賞 「酸化亜鉛による新半導体機能発現」
2008年日本化学会第25回学術賞 「コンビナトリアル格子工学による金属酸化物の電子機能開拓」
2010年第14回超伝導科学技術賞「電界効果超伝導の発見」
2010年第42回市村学術賞貢献賞「原子レベル制御した酸化亜鉛ヘテロ接合の形成と新光電子機能の開発」

主な論文・業績

  1. M. Nakamura, D. Okuyama, J. S. Lee, T. Arima, Y. Wakabayashi, R. Kumai, M. Kawasaki,and Y. Tokura,
    "Magnetically Tunable Metal-Insulator Superlattices"
    Advanced Materials 22, 500-504 (2010).
  2. K. S. Takahashi, M. Onoda, M. Kawasaki, N. Nagaosa, and Y. Tokura,
    "Control of the Anomalous Hall Effect by Doping in Eu1-xLaxTiO3 Thin Films"
    Phys. Rev. Lett. 103, 057204-1-4 (2009).
  3. K. Ueno, S. Nakamura, H. Shimotani, A. Ohtomo, N. Kimura, T. Nojima, H. Aoki, Y. Iwasa, and M. Kawasaki,
    "Electric-field-induced superconductivity in an insulator"
    Nature Materials 7, 855-858 (2008).
  4. A. Tsukazaki, A. Ohtomo, T. Kita, Y. Ohno , H. Ohno ,and M. Kawasaki,
    "Quantum hall effect in polar oxide heterostructures"
    Science 315, 1388-1391 (2007).
  5. A. Tsukazaki, A. Ohtomo, T. Onuma, M. Ohtani, T. Makino, M. Sumiya, K. Ohtani, S. F. Chichibu, S. Fuke, Y. Segawa, H. Ohno, H. Koinuma, and M. Kawasaki,
    "Repeated temperature modulation epitaxy for p-type doping and light emitting diode based on ZnO"
    Nature Materials 4, 42-46 (2005).
  6. J. Matsuno, Y. Okimoto, M. Kawasaki,and Y. Tokura,
    "Variation of the electronic structure in systematically synthesized Sr2MO4 (M=Ti,V,Cr,Mn,and Co)"
    Phys. Rev. Lett. 95, 176404-1-4 (2005).
  7. H. Yamada, Y. Ogawa, Y. Ishii, H. Sato, M. Kawasaki, H. Akoh, and Y. Tokura,
    "Engineered Interface of Magnetic Oxides"
    Science 305, 646-648 (2004).
  8. H. Toyosaki, T. Fukumura, Y. Yamada, K. Nakajima, T. Chikyow, T. Hasegawa, H. Koinuma, and M. Kawasaki,
    "Anomalous Hall effect governed by electron doping in a room-temperature transparent ferromagnetic semiconductor"
    Nature Materials 3, 221-224 (2004).
  9. A. Sawa, T. Fujii, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "Hysteretic current-voltage characteristics and resistance switching at a rectifying Ti/Pr0.7Ca0.3MnO3 interface"
    Appl. Phys. Lett. 85, 4073-4075 (2004).
  10. Y. Matsumoto, M. Murakami, T. Shono, T. Hasegawa, T. Fukumura, M. Kawasaki, P. Ahmet, T. Chikyow, S. Koshihara, and H. Koinuma,
    "Room-Temperature Ferromagnetism in Transparent Transition Metal-Doped Titanium Dioxide"
    Science 291, 854-856 (2001).
  11. T. Fukumura, Y. Okimoto, M. Ohtani, T. Kagetyama, T. Koida, M. Kawasaki, T. Hasegawa, Y. Tokura, and H. Koinuma,
    "Rapid construction of phase diagram for doped Mott insulators with a composition-spread approach"
    Appl. Phys. Lett. 77, 3426-3428 (2000).
  12. Y. Konishi, Z. Fang, M. Izumi, T. Manako, M. Kasai, H. Kuwahara, M. Kawasaki, K. Terakura, and Y. Tokura,
    "Orbital-State-Mediated Phase-Control of Manganites"
    J. Phys. Soc. Jpn 68, 3790-3793 (1999).
  13. M. Kawasaki, K. Takahashi, T. Maeda, R. Tsuchiya, M. Shinohara, O. Ishiyama, T. Yonezawa, M. Yoshimoto, and H. Koinuma,
    "Atomic Control of SrTiO3 Crystal Surface"
    Science 266, 1540-1542 (1994).
  14. M. Kawasaki, P. Chaudhari, and A. Gupta,
    "1/f Noise in YBa2Cu3O7 Superconducting Bicrystal Grain Boundary Junctions"
    Phys. Rev. Lett. 68, 1065-1068 (1992).
  15. M. Kawasaki, Y. Matsuzaki, K. Fueki, K. Nakajima, Y. Yoshida, and H. Koinuma,
    "A Novel Deposition Concept for Amorphous Superlattices"
    Nature 331, 153-155 (1988).