独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 交差相関物性科学研究グループ

riken
CMRG home
English

Members (CMRG)

小椎八重航

氏名

小椎八重 航

研究分野

物性理論

略歴

1967年3月 鹿児島県生まれ
1989年3月 鹿児島大学工学部電気工学科卒業
1994年3月 名古屋大学大学院工学研究科応用物理学専攻 博士課程修了 博士(工学)
1994年4月 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
1995年5月 名古屋大学理工科学総合研究センター 助手
1997年4月 東北大学金属材料研究所 助手
2006年4月 仙台電波工業高等専門学校総合科学科 助教授
2008年4月 理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域
交差相関物性科学研究グループ 交差相関理論研究チーム 基幹研究所研究員
2010年6月 理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域
交差相関物性科学研究グループ 交差相関理論研究チーム 副チームリーダー

学会活動・社会貢献

日本物理学会会員、アメリカ物理学会会員

研究業績内容

強相関電子系,とりわけ,遷移金属酸化物周辺に現れる異常な金属相における熱電応答を理論的に研究している.早稲田大学の寺崎らが発見したコバルト酸化物NaxCoO2の巨大な熱起電力に対し,強い電子相関が導くスピンや軌道の自由度に基づいた局所的な縮退の重要性を理論的に指摘した.

主な論文・業績

  1. W. Koshibae, A. Oguri, and S. Maekawa,
    "Hall effect in CoO2 layers with a hexagonal structure"
    Phys. Rev. B 75, 205115 (2007).
  2. N. Bulut, W. Koshibae, and S. Maekawa,
    "Magnetic Correlations in the Hubbard Model on Triangular and Kagome Lattices"
    Phys. Rev. Lett. 95, 037001(1-4) (2005).
  3. S. Maekawa, T. Tohyama, S. E. Barnes, S. Ishihara, W. Koshibae, and G. Khaliullin,
    "Physics of Transition Metal Oxides" (ISBN: 3-540-21293-0)
    Springer Series in Solid-State Sciences, Vol. 144 (2004).
  4. G. Khaliullin, W. Koshibae, and S. Maekawa,
    "Low Energy Electronic States and Triplet Pairing in Layered Cobaltate"
    Phys. Rev. Lett. 93, 176401(1-4) (2004).
  5. W. Koshibae, and S. Maekawa,
    "Electronic State of a CoO2 Layer with Hexagonal Structure: A Kagome Lattice Structure in a Triangular Lattice"
    Phys. Rev. Lett. 91, 257003(1-4) (2003).
  6. W. Koshibae, and S. Maekawa,
    "Effects of spin and orbital degeneracy on the thermopower of strongly correlated systems"
    Phys. Rev. Lett. 87, 236603(1-4) (2001).
  7. W. Koshibae, K. Tsutsui, and S. Maekawa,
    "Thermopower in Cobalt Oxides"
    Phys. Rev. B 62, 6869-6872 (2000).