独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 交差相関物性科学研究グループ

riken
CMRG home
English

2013年4月1日をもちまして当グループは創発物性科学研究センターへと移行しました。
創発物性科学研究センターのページをご覧ください

Members (CMRG)

永長直人

氏名

永長 直人

研究分野

物性理論

リンク

永長研究室

略歴

1980年 3月 東京大学工学部物理工学科 卒業
1983年 2月 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 博士課程中退
1983年 2月 東京大学物性研究所 助手
1986年 6月 理学博士を取得(東京大学)
1986年10月 東京大学工学部物理工学科 助手
1989年 6月 東京大学工学部物理工学科 講師
1991年 9月 東京大学工学部物理工学科 助教授
1998年 8月 - 現在 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 教授
2001年 4月 - 2008年 3月 産業技術総合研究所 強相関電子技術研究センター 強相関理論チーム チーム長(併任)
2007年10月 - 現在 理化学研究所 交差相関物性科学研究グループ 交差相関理論研究チーム チームリーダー(併任)
(2008年4月より名称変更)
理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域
交差相関物性科学研究グループ 交差相関理論研究チーム チームリーダー(併任)
2010年4月 - 現在 理化学研究所 基幹研究所 強相関量子科学研究グループ 強相関理論研究チーム チームリーダー(併任)

学会活動・社会貢献

「Europhysics Letters」誌 Co-Editor。 国際会議招待講演多数。 「固体物理」編集委員。

研究業績内容

強相関電子系の理論的研究。強い電子・格子相互作用、電子・電子相互作用が物質の電気的、磁気的、光学的性質をどのように支配しているかを、場の理論を用いた解析的手法と計算機を用いたシミュレーションを用いて研究してきた。現在までの研究テーマは、1次元電荷移動錯体における中性・イオン性転移、光誘起構造変化、高温超伝導体のゲージ理論、1次元朝永・Luttinger流体における局所的欠陥、ランダム量子スピン系、マンガン酸化物における軌道秩序と量子融解、スピンカイラリティーと異常ホール効果、など。既発表論文はScience誌3編、Phys.Rev.Lett.誌15編、他を含む。

1995年IBM科学賞「高温超伝導体のゲージ理論」
1995年西宮湯川記念賞「強相関電子系のゲージ場理論」
1998年超伝導科学技術賞「高温超伝導体の電子相図と種々の物性の予言」(福山秀敏氏との共同研究)
2004年第11回日産科学賞「強相関電子系における量子位相効果の研究」
2005年第51回仁科記念賞「異常ホール効果の理論的研究」

主な論文・業績

  1. Y. Taguchi, Y. Oohara, H. Yoshizawa, N. Nagaosa, and Y.Tokura,
    "Spin Chirality, Berry Phase, and Anomalous Hall Effect in a Frustrated Ferromagnet"
    Science 291, 2573 (2001).
  2. Y. Tokura, and N. Nagaosa,
    "Orbital Physics in Transition-Metal Oxides"
    Science 288, 462 (2000).
  3. S. Ishihara, M. Yamanaka, and N. Nagaosa,
    "Orbital Liquid in La1-xSrxMnO3"
    Phys. Rev. B 56(2), 686-692 (1997).
  4. N. Nagaosa and P. A. Lee,
    "Kondo Effect in High-Tc Cuprates"
    Phys. Rev. Lett. 79, 3755-3758 (1997).
  5. A. Furusaki, and N. Nagaosa,
    "Kondo Effect in a Tomonaga-Luttinger Liquid"
    Phys. Rev. Lett. 72(6), 892-895 (1994).
  6. T. Sugiyama, and N. Nagaosa,
    "Localization in a Random Magnetic Field in 2D"
    Phys. Rev. Lett. 70, 1980-1983 (1993).
  7. T. Ogawa, A. Furusaki, and N. Nagaosa,
    "Fermi-Edge Singularity in One-Dimensional Systems"
    Phys. Rev. Lett. 68, 3638-3641 (1992).
  8. N. Nagaosa, and P. A. Lee,
    "Ginzburg-Landau Theory of the Spin-Charge Separated System"
    Phys. Rev. B 45, 966-970 (1992).
  9. N. Nagaosa, and P. A. Lee,
    "Normal State Properties of the Uniform Resonating-Valence-Bond State"
    Phys. Rev. Lett. 64, 2450-2453 (1990).