独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 交差相関物性科学研究グループ

riken
CMRG home
English

2013年4月1日をもちまして当グループは創発物性科学研究センターへと移行しました。
創発物性科学研究センターのページをご覧ください

Members (CMRG)

田口康二郎

氏名

researcherID

田口 康二郎

研究分野

物性物理学

略歴

1968年10月 埼玉県生まれ
1991年3月 東京大学理学部物理学科 卒業
1993年3月 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 修士課程修了
1993年4月 - 1996年3月 ソニー株式会社総合研究所
1998年9月 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 博士課程 中退
1998年10月 東京大学大学院工学系研究科 助手
2002年4月 東北大学金属材料研究所 助教授
2007年10月 - 現在 理化学研究所 交差相関物性科学研究グループ 交差相関物質研究チーム チームリーダー
(2008年4月より名称変更)
理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域
交差相関物性科学研究グループ 交差相関物質研究チーム チームリーダー
2010年4月 - 現在 理化学研究所 基幹研究所 強相関量子科学研究グループ 強相関物質研究チーム チームリーダー(併任)

学会活動・社会貢献

日本物理学会会員、アメリカ物理学会会員

研究業績内容

チタン酸化物におけるフィリング制御型モット絶縁体-金属転移と反強磁性不安定点近傍の臨界挙動の解明。電子ドープ型銅酸化物における擬ギャップの発見。モリブデン酸化物におけるスピンカイラリティー由来の特異な異常ホール効果の発見。少数キャリア層状窒化物超伝導体における相図の確定。アルカリ金属インターカレーションによる新規フタロシアニン磁性体の合成。

2003年第24回本多記念研究奨励賞

主な論文・業績

  1. S. Ishiwata, Y. Taguchi, H. Murakawa, Y. Onose, and Y. Tokura,
    "Low-magnetic-field control of electric polarization vector in a helimagnet"
    Science 319, 1643-1646 (2008).
  2. A. Kitora, Y. Taguchi, and Y. Iwasa,
    "Probing electron-phonon interaction in LixZrNCl superconductors by Raman scattering"
    Journal of Physical Society of Japan 76, 023706-1 - 023706-5 (2007).
  3. Y. Taguchi, A. Kitora, and Y. Iwasa,
    "Increase in Tc upon reduction of doping in LixZrNCl superconductors"
    Physical Review Letters 97, 107001-1 - 107001-4 (2006).
  4. Y. Taguchi, T. Miyake, S. Margadonna, K. Kato, K. Prassides, and Y. Iwasa,
    "Synthesis, structure, and magnetic properties of Li-doped manganese-phthalocyanine, Lix[MnPc] (0<x<4)"
    J. Am. Chem. Soc. 128, 3313-3323 (2006).
  5. I. Kezsmarki, S. Onoda, Y. Taguchi, T. Ogasawara, M. Matsubara, S. Iguchi, N. Hanasaki, N. Nagaosa, and Y. Tokura,
    "Magneto-optical effect induced by spin chirality of the itinerant ferromagnet Nd2Mo2O7"
    Physical Review B 72, 094427-1 - 094427-6 (2005).
  6. Y. Taguchi, M. Hisakabe, and Y. Iwasa,
    "Specific heat measurement of the layered nitride superconductor LixZrNCl"
    Physical Review Letters 94, 217002-1 - 217002-4 (2005).
  7. Y. Taguchi, T. Sasaki, S. Awaji, Y. Iwasa, T. Tayama, T. Sakakibara, S. Iguchi, T. Ito, and Y. Tokura,
    "Magnetic field induced sign reversal of the anomalous Hall effect in a pyrochlore ferromagnet Nd2Mo2O7: evidence for a spin chirality mechanism”
    Physical Review Letters 90, 257202-1 - 257202-4 (2003).
  8. Y. Taguchi, K. Ohgushi, and Y. Tokura,
    "Optical probe of metal-insulator transition in pyrochlore-type molybdate"
    Physical Review B 65, 115102-1 - 115102-5 (2002).
  9. Y. Onose, Y. Taguchi, K. Ishizaka, and Y. Tokura,
    "Doping dependence of pseudo-gap and related charge dynamics in Nd2-xCexCuO4"
    Physical Review Letters 87, 217001-1 - 217001-4 (2001).
  10. Y. Taguchi and Y. Tokura,
    "Enhancement of anomalous Hall effect in a filling-changed pyrochlore-type molybdate"
    Europhysics Letters 54, 401-406 (2001).
  11. Y. Taguchi, Y. Oohara, H. Yoshizawa, N. Nagaosa, and Y. Tokura,
    "Spin chirality, Berry phase, and anomalous Hall effect in a frustrated ferromagnet"
    Science 291, 2573-2576 (2001).
  12. Y. Taguchi and Y. Tokura,
    "Magnetotransport phenomena in a metallic ferromagnet on the verge of Mott transition: Sm2Mo2O7"
    Physical Review B 60, 10280-10283 (1999).
  13. Y. Onose, Y. Taguchi, T. Ishikawa, S. Shinomori, K. Ishizaka, and Y. Tokura,
    "Anomalous pseudogap formation in a nonsuperconducting crystal of Nd1.85Ce0.15CuO4+y : Implication of charge ordering"
    Physical Review Letters 82, 5120-5123 (1999).
  14. Y. Taguchi, T. Okuda, M. Ohashi, C. Murayama, N. Mori, Y. Iye, and Y. Tokura,
    "Critical behavior in LaTiO3+δ/2 in the vicinity of antiferromagnetic instability"
    Physical Review B 59, 7917-7924 (1999).
  15. Y. Taguchi, Y. Tokura, T. Arima and F. Inaba,
    "Change of electronic structures with carrier doping in the highly correlated electron system Y1-xCaxTiO3"
    Physical Review B 48, 511-518 (1993).
  16. Y. Tokura, Y. Taguchi, Y. Okada, Y. Fujishima, K. Kumagai and Y. Iye,
    "Filling dependence of electronic properties on the verge of metal-Mott-insulator transitions in Sr1-xLaxTiO3"
    Physical Review Letters 70, 2126-2129 (1993).