独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 交差相関物性科学研究グループ

riken
CMRG home
English

Members (CMRG)

高橋圭

氏名

researcherID

高橋 圭

研究分野

強相関 電子薄膜物性

略歴

1974年2月 愛媛県生まれ
1997年3月 東京大学工学部応用化学科 卒業
1999年3月 東京大学大学院工学系研究科超伝導工学専攻 修士課程修了 (指導教官:北澤宏一教授)
2002年3月 同専攻 博士課程修了 博士(工学)、日本学術振興会 特別研究員(DC1) (指導教官:十倉好紀教授)
2002年4月 ジュネーブ大学理学部物理学科固体物理部門 トリスコングループ 研究員
2006年5月 東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 Hwang 研究室 研究員 (JSTさきがけ 研究員)
2007年4月 東京大学大学院新領域創成科学研究科物質系専攻 Hwang 研究室 研究員 (日本学術振興会 特別研究員)
2007年10月 理化学研究所 交差相関物性科学研究グループ 交差相関超構造チーム 研究員
(2008年4月より名称変更)
理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域
交差相関物性科学研究グループ 交差相関超構造研究チーム 基幹研究所研究員
2010年6月 理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域
交差相関物性科学研究グループ 交差相関超構造研究チーム 副チームリーダー

学会活動・社会貢献

日本物理学会会員、応用物理学会会員、アメリカ物理学会会員

研究業績内容

酸化物薄膜を用いた新規物性探索を研究分野とし、酸化物超格子の研究で反強磁性絶縁体と常磁性金属の界面における界面強磁性の発見。強磁性トンネル接合の研究でSrRuO3の負のスピン偏極の実証。強誘電体の電界効果による超伝導スイッチの実現、など。

主な論文・業績

  1. A. Radetinac, K. S. Takahashi, L. Alff, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "Single-crystalline Sr2MoO4 films as prepared by pulsed laser deposition"
    Journal of Crystal Growth 322, 38 (2011).
  2. Y. Krockenberger, M. Uchida, K. S. Takahashi, M. Nakamura, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "Growth of superconducting Sr2RuO4 thin films"
    Applied Physics Letters 97, 082502 (2010).
  3. A. Radetinac, K. S. Takahashi, L. Alff, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "Single-Crystalline CaMoO3 and SrMoO3 Films Grown by Pulsed Laser Deposition in a Reductive Atmosphere"
    Appl. Phys. Express 3, 073003 (2010).
  4. K. S. Takahashi,J. Fujioka, Y. Ida, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "Control of orbital ordered state in strained Nd0.25Sr1.75MnO4 films"
    Appl. Phys. Lett. 96, 202508 (2010).
  5. K. S. Takahashi, M. Onoda, M. Kawasaki, N. Nagaosa, and Y. Tokura,
    "Control of the Anomalous Hall Effect by Doping in Eu1-xLaxTiO3 Thin Films"
    Phys. Rev. Lett. 103, 057204 (2009).
  6. K. S. Takahashi, and H. Y. Hwang,
    "Carrier doping in anatase TiO2 film by perovskite overlayer deposition"
    Applied Physics Letters 93, 082112-1 - 082112-3 (2008).
  7. 高橋圭
    「局所電界効果による希薄電子濃度超伝導の物性制御」
    表面科学 29, No.1 31-35 (2008).
  8. K. S. Takahashi, M. Gabay, D. Jaccard, K. Shibuya, T. Ohnishi, M. Lippmaa, and J.-M. Triscone,
    "Local on-off switching of two-dimensional superconductivity using the ferroelectric field effect"
    Nature 441, 195-198 (2006).
  9. T. Ogasawara, K. Ohgushi, Y. Tomioka, K. S. Takahashi, H. Okamoto, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "General Features of Photoinduced Spin Dynamics in Ferromagnetic and Ferrimagnetic Compounds"
    Physical Review Letters 94, 087202 (2005).
  10. R. Mathieu, A. Asamitsu, H. Yamada, K. S. Takahashi, M. Kawasaki, Z. Fang, N. Nagaosa, and Y. Tokura,
    "Scaling the Anomalous Hall effect in Sr1-xCaxRuO3"
    Physical Review Letters 93, 016602-1 (2004).
  11. K. S. Takahashi, D. Matthey, D. Jaccard, and J.-M. Triscone,
    "Transport properties of reduced SrTiO3 single crystal "thin films"
    Annalen der Physik-Berlin 13, 68 (2004).
  12. K. S. Takahashi, D. Matthey, D. Jaccard, J.-M. Triscone, K. Shibuya, T. Ohnishi, and M. Lippmaa,
    "Electrostatic modulation of the electronic properties of Nb-doped SrTiO3 superconducting films"
    Applied Physics Letters 84, 1722 (2004).
  13. Z. Fang, N. Nagaosa, K. S. Takahashi, A. Asamitsu, R. Mathieu, T. Ogasawara, H. Yamada, M. Kawasaki, Y. Tokura, and K. Terakura,
    "The anomalous Hall effect and magnetic monopoles in momentum space"
    Science 302, 92 (2003).
  14. K. S. Takahashi, A. Sawa, Y. Ishii, H. Akoh, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "Inverse tunnel magnetoresistance in all-perovskite junctions of La0.7Sr0.3MnO3/SrTiO3/SrRuO3"
    Physical Review B 67, 094413 (2003).
  15. K. S. Takahashi, M. Kawasaki, and Y. Tokura,
    "Interface Ferromagnetism in Oxide Superlattices of CaMnO3/CaRuO3"
    Applied Physics Letters 79, 1324-1326 (2001).