独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 交差相関物性科学研究グループ

riken
CMRG home
English

Research

交差相関物性科学研究グループ

交差相関物質研究チーム

当研究チームにおいては、交差相関理論チーム、交差相関超構造チーム、理研播磨研究所の量子秩序研究グループと強力に連携しながら、遷移金属酸化物を中心に巨大な交差相関応答を示す物質を様々な手法で合成して、研究を行っています。強相関電子系においては、電子の持つ電荷・スピン・軌道などの自由度と格子の自由度が複雑に絡みあっており、そのため外場を用いてそれと共役でない自由度を制御することが可能になります(交差相関応答)。特に、多重臨界点近傍の電子相の競合や、フラストレーション系などに着目し、電場・磁場・光・熱に対する巨大な交差相関応答を示す物質・材料の創製を目指しています。さらに、将来の高速・低消費電力の革新的電子デバイスへの応用も念頭に置いて、研究を進めています。2007年度には、JSTとの共同研究によって、従来よりも2桁低い磁場で電気分極を制御できる鉄酸化物を見出すことに成功しました。また、ハーフドープマンガン酸化物の電荷・軌道整列相における軌道状態と、電子系の実効的次元性との相関を明らかにしました。