独立行政法人理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 交差相関物性科学研究グループ

riken
CMRG home
English

Research

交差相関物性科学研究グループ

交差相関理論研究チーム

物質中の電子はクーロン相互作用によって互いに相互作用しながら量子力学的な運動をしています。この効果―電子相関―は電子が集団となって初めて現れる多くの驚くべき現象を引き起こします。同時に、電子の運動は原子核に束縛されているために高速で運動し、スピン軌道相互作用に代表される相対論的効果をしばしば示します。これらの物理学の基本に立ち戻り、強く相互作用しあう電子系―強相関電子系―の新しい機能を、理論的に開拓します。特に固体中の「量子電磁気学」とそれから生じる「交差相関」効果を、相対論的場の理論と、計算機シミュレーション、第一原理バンド計算を組み合わせることで集中的に研究し、実験グループとの緊密な協力によって、新しいデバイス概念にまで高めます。