創薬・医療技術基盤プログラム

マネジメントチームについて

創薬・医療技術の研究開発を牽引する戦略チーム

 創薬・医療技術基盤プログラムの特徴として、研究開発を牽引する戦略チームに特化していることです。創薬・医療技術の実現には、創薬ターゲット等の同定といった研究開発の上流から臨床試験への橋渡しまで広範なものが必要となり、それぞれの場面での専門人材が求められます。

 そこで、創薬・医療技術基盤プログラムでは、このマネジメントチームの構築に重点化させ、研究開発が着実に進めるような体制としています。具体的には、個々の創薬・医療技術テーマやプロジェクトを推進するテーマリーダーを決め、担当ポートフォリオマネジャーがテーマリーダーを支えアドバイスします。テーマリーダーは研究者ですが、ポートフォリオマネジャーは製薬企業での研究開発の経験のある中堅の研究者です。このツートップ体制で研究計画を立案することにより、最適な計画と実行ができるようにしています。

 テーマリーダーのもとには、各創薬基盤のスタッフが協力して横断的なチームを構成します。このマトリックス組織により、創薬・医療技術に必要な広範な基盤技術にアクセス可能としています。さらに、臨床試験等への橋渡し段階においては、薬理試験、薬物動態などそれぞれを専門とする臨床開発マネジャーや臨床研究・治験の規則に精通した規制科学マネジャーが参画しています。

マネジメントチームの構成

 創薬・医療技術基盤プログラムのマネジメントチームは、免疫抑制薬タクロリムスの発見・開発に主導的な役割を果たしてきた後藤俊男プログラムディレクターのもと、医療ニーズや生命科学的な観点から研究開発を企画・評価を担当する副プログラムディレクター、製薬企業での研究開発の経験のあるポートフォリオマネジャー、臨床開発や規制科学を担当するマネジャーなどから構成されています。創薬や医療技術を実現させる使命のもと、強力なリーダーシップで研究開発を推進・支援していきます。


<プログラムマネジメントオフィスメンバー>

プログラムディレクター後藤 俊男
副プログラムディレクター谷口 克
臨床開発支援室室長上村 尚人
事業開発室室長吉田 茂美
事業開発室マネージャー山内 忠幸
事業開発室
連携促進コーディネーター
丹沢 和比古
事業開発室
連携促進コーディネーター
小山 洋
ポートフォリオマネージャー山口 時男
ポートフォリオマネージャー
連携促進コーディネーター(兼任)
深見 竹広
ポートフォリオマネージャー橋爪 良信
ポートフォリオマネージャー本間 光貴
ポートフォリオマネージャー三輪 昌敬
技術統括マネージャー藤田 茂雄
臨床開発支援室マネージャー松山 晃文
臨床開発支援室マネージャー小原 要
臨床開発支援室マネージャー加賀山 彰
臨床開発支援室マネージャー景山 浩充
臨床開発支援室PM花田 敬吾
臨床開発支援室PM深澤 富長
アシスタント(秘書・総務)竹内 利枝
アシスタント(事業開発)松田 智子
テクニカルスタッフ(テーマ・プロジェクト推進、調査)保田 真友子


マトリックスマネジメントの展開

 創薬・医療技術の実現は1つの研究組織で完結させることはできないものであり、理研全体で取り組むべきものです。同プログラムでは、これまで培ってきたライフサイエンス研究基盤を整備することで創薬・医療技術基盤として、効率的・効果的な研究開発を進めております。

 これを実現させるために、総括担当理事を委員長とする「創薬・医療技術基盤プログラム運営委員会」を設け、推進すべき創薬・医療技術テーマとプロジェクトの決定などをトップダウンで行うことで、全所的な取り組みを進める体制としています。研究開発を推進する創薬・医療技術基盤は、理研内にあるライフサイエンス系研究センター等のなかに設置し、理研に無い創薬・医療技術基盤は、大学や民間企業が主体となる外部基盤として位置づけをして、研究開発を網羅するプラットフォームを構築しています。創薬・医療技術を指揮・推進する各テーマリーダーは、ポートフォリオマネジャーとともに、これらの基盤スタッフを組織して、戦略的なチームを構成できるようにしています。

 創薬・医療技術基盤プログラム(マネジメントチーム)では、テーマリーダーが提案する研究計画の確認・アドバイス、関連調査(先行技術・特許の調査)、研究費の支援やステージ確認などを行います。このようなマトリックスマネジメントの展開することで、創薬・医療技術テーマやプロジェクトを全力で推進できる体制としています。

 

 

お問い合わせ