創薬・医療技術基盤プログラム

創薬・医療技術パイプライン

創薬・医療技術の研究開発のテーマとプロジェクト
研究開発の進捗の見える化

 創薬・医療技術基盤プログラムでは、治療満足度の低い疾患領域、オーファンドラッグや新しいコンセプトに基づいた革新的な創薬・医療技術の実用化を目指しています。現在、下表に示す創薬・医療技術テーマやプロジェクトについてのステージアップを最優先に取り組み、月ごとにステージの見直しやその課題などを抽出し、効果的な研究開発を進めております。

創薬テーマの選定は、メカニズムの新規性・信頼性などを評価項目とするガイドラインを設けて、文献・専用データベースの調査や結合サイトの評価を対象としています。
また、研究開発のステージ判断についてもガイドラインを設け、前臨床試験に入るまでにクリアしなければならない項目を規定しています。

テーマ・プロジェクトの定義は、ガイドラインページの「5.研究開発ステージによる優先順位付け」もご覧ください。


テーマ・プロジェクトの一覧表はこちら(PDF)からもダウンロードができます。


<創薬プロジェクト> ステージ:L3~P3

プロジェクト名 リーダー
(敬称略)
区分 ステージ 詳細
S0S1S2S3 L1L2L3P0 P1P2P3
人工アジュバント
ベクター細胞
藤井 眞一郎 再生/
細胞
P1    
NKT細胞を用いた
がん治療
大野 博司 再生/
細胞
P1    
iPS由来NKT細胞を用いた
がん治療
古関 明彦 再生/
細胞
P0       -
次世代インプラント 辻 孝 再生/
細胞
P0       -
網膜の再生医療技術 万代 道子 再生/
細胞
P0      
毛包再生医療 辻 孝 再生/
細胞
P0       -
アレルギー治療薬 久保 允人 低分子 L3        
FOP治療薬 宮園 浩平 低分子 L3        
エピゲノムを標的とした
抗がん剤III
清宮 啓之 低分子 L3        
網膜の再生医療技術 高橋 政代 再生/
細胞
        E X I T      

心不全治療のための
細胞医療
松山 晃文 再生/
細胞
        E X I T      
幹細胞を標的とした
白血病治療薬
石川 文彦 低分子         E X I T      
NKT細胞を用いた
がん治療
谷口 克 再生/
細胞
        E X I T      
出血性副作用のない
抗血栓治療薬
宮田 敏男 低分子         E X I T      
アルツハイマー治療薬 杉本 八郎 低分子         E X I T      

詳細ページは、一部、外部機関へのリンクを含みます。



<創薬テーマ> ステージ:S1~L2

がん領域
テーマ名 リーダー
(敬称略)
区分 ステージ 詳細
S0 S1 S2 S3 L1 L2 L3 P0 P1 P2 P3
エピゲノムを標的とした抗がん剤I 梅原 崇史 低分子 L2          
白血病治療抗体薬 石川 文彦 抗体 S3               -
エピゲノムを標的とした
抗がん剤IV
油谷 浩幸 低分子 S3              
難治性固形がんを標的と
したがん幹細胞治療薬
増富 健吉 低分子 S3               -
エピゲノムを標的とした
抗がん剤VI
伊藤 昭博 低分子 S2                
がん遺伝子産物を
標的とした抗がん剤
片岡 徹 低分子 S2                 -
エピゲノムを標的とした
抗がん剤VII
古川 雄祐 低分子 S2                 -
エピゲノムを標的とした
抗がん剤VIII
上條 岳彦 低分子 S1                   -
NK/Tリンパ腫治療抗体薬 石井 保之 抗体         E X I T       -
光線力学療法による
脳腫瘍治療薬
石川 智久 低分子         E X I T       -


感染症領域
テーマ名 リーダー
(敬称略)
区分 ステージ 詳細
S0S1S2S3L1L2L3P0P1P2P3
抗真菌薬 吉田 稔 低分子 S3               -
シャーガス病治療薬 田仲 昭子 低分子 S3               -
B型肝炎治療抗体薬 三木 大樹 抗体 S3               -
マラリア治療薬 渡邉 信元 低分子 S2                 -
B型肝炎治療薬 小川 健司 低分子 S1                   -
抗RNAウイルス薬 小川 健司 低分子 S1                   -


ピンク色は新規採択テーマです。
脳神経・中枢疾患領域領域
テーマ名 リーダー
(敬称略)
区分 ステージ 詳細
S0S1S2S3L1L2L3P0P1P2P3
アルツハイマー治療薬 谷口 直之 低分子 S1                  
双極性障害治療薬 加藤 忠史 低分子 S1                  
認知症治療薬 麻生 悌二郎 低分子 S1                  


ピンク色は新規採択テーマです。
先天性疾患領域
テーマ名 リーダー
(敬称略)
区分 ステージ 詳細
S0S1S2S3L1L2L3P0P1P2P3
異常ヘモグロビン症治療薬 伊藤 昭博 低分子 L1             -
遺伝子疾患治療薬 鈴木 匡 低分子 S1                   -


消化器疾患領域
テーマ名 リーダー
(敬称略)
区分 ステージ 詳細
S0S1S2S3L1L2L3P0P1P2P3
炎症性腸疾患治療薬 白水 美香子 低分子 S2                 -
炎症性腸疾患治療抗体薬 斉藤 隆 抗体 S0                     -


創薬支援ネットワーク課題
テーマ名 リーダー
(敬称略)
区分 ステージ 詳細
実用化
検証
スクリーニングリード最適化前臨床臨床
新規抗がん剤・
抗ウィルス剤
森 和俊 低分子       -
新規ミトコンドリア
治療薬
高島 成二 低分子       -
新規抗がん剤 島 扶美 低分子       -


<クローズした創薬テーマ・プロジェクト>

テーマ名 リーダー
(敬称略)
区分 最終到達ステージ 詳細
S0S1S2S3L1L2L3P0P1P2P3
上皮成長因子受容体を
標的としたがん治療抗体
横山 茂之 抗体 S3               -
p53抑制タンパク質を
標的とした抗がん剤
田仲 昭子 低分子 S2                 -
インフルエンザ治療薬 間 陽子 低分子 S2                 -
変形性骨疾患治療薬 池川 志郎 抗体 S1                   -
エピゲノムを標的とした
抗がん剤
吉田 稔 低分子 S1                   -
C型肝炎治療薬 松本 武久 低分子 S1                   -
肺高血圧症治療薬 石坂 幸人 低分子 S1                   -
新規安定化核酸医薬品 平尾 一郎 /
向井 英史
核酸 S1                   -
膵臓がん抗がん剤
/ ALS治療薬
田仲 昭子 低分子 S1                   -
ウィルス性肝硬変治療薬 小嶋 聡一 抗体 S3               -
エイズ治療薬 間 陽子 低分子 S1                   -
粘膜ワクチン
デリバリーシステム
大野 博司 低分子 S1                   -
CD8T細胞性疾患
治療抗体薬
改正 恒康 抗体 S3               -
自己免疫疾患治療薬 鈴木 亜香里 低分子 S1                   -
臓器線維症・肝硬変
治療抗体薬
小嶋 聡一 抗体 S2                 -
花粉症予防・治療薬 谷口 克 ワク
チン
                      -
がん転移治療薬 竹市 雅俊 低分子 S1                   -
関節リウマチ治療薬 川谷 誠 低分子 S3               -
ハンチントン病治療薬 萩原 正敏 低分子 S1                   -
睡眠障害治療薬 伊藤 幸成 低分子 S2                 -
死細胞検出 松本 恭子 診断 L1             -
白血病治療抗体薬 北林 一生 抗体 L2           -
エピゲノムを標的とした
抗がん剤II
伊藤 昭博 低分子 L1             -
エピゲノムを標的とした
抗がん剤V
秋山 徹 低分子 S2                 -
神経膠腫治療抗体薬 近藤 亨 抗体 L2          


希少疾患・難病への挑戦

 希少疾患・難病への挑戦 本プログラムでは、製薬企業ではその取り組みが難しいと言われている、希少疾患・難病についても研究開発を着手しています。現在、進行性骨化性線維異形成症(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva:FOP)を対象としています。この疾患は、人口200万人に対して1人いると言われていますが、子供の頃から全身の筋肉やその周囲の膜、腱、靭帯などが徐々に硬くなって骨に変わってしまうものです(異所性骨化と呼びます)。その結果、患者は30歳までに身体を動かすことが出来なくなり40歳以上命を長らえさせることは稀であるといわれ、現在の段階では治療不能の病気と考えられています。本プログラムでは、新たに見出した標的タンパク質について阻害剤を開発する予定であり、また、製薬企業にも橋渡しできるように、開発した阻害剤の「適応拡大」なども検討を進めています。




創薬・医療技術テーマのアライアンスの推進
-パートナー企業等を募集しています!-

 本プログラムでは、上記の創薬・医療技術テーマやプロジェクトのパートナー企業を募集しています。 詳細は、事業開発室のページをご覧ください。


 

お問い合わせ