創薬・医療技術基盤プログラム

創薬・医療技術パイプライン

創薬・医療技術の研究開発のテーマとプロジェクト
創薬テーマ・プロジェクトの選定の考え方

 創薬・医療技術基盤プログラムでは、理研内外の創薬テーマ・プロジェクトの支援対象課題の選定については、下表1に示すガイドライン(選定基準)を設けております。これらの基準は、創薬の出口戦略を見据え、研究着手時に創薬研究の成功の可能性の高い基礎研究として意義のあるものに選択と集中ができるように策定しています。

表1. 創薬テーマ・プロジェクトの選定基準

1.理研が取り組むべき疾患領域か?
  • 治療満足度が低く、薬剤貢献度が低い疾患領域、あるいは理研の基礎研究成果を生かす革新的な創薬テーマ。
  • 製薬企業の取り組まないオーファン(*1)やネグレクティド(*2)も対象。
2.メカニズムの新規性・信頼性(CIM)
  • 独創的、且つ、信頼性が高いかどうか。
  • 標的メカニズムの妥当性と疾患関連性が示されているか。
3.有望な医薬品候補を探索できる可能性:創薬研究の具体性
  • タンパク質構造が既知であり、結合サイトを有すること。
  • スクリーニング系、あるいは創薬コンセプトの実証可能な系を有すること。
4.先行品の有無と差別化
  • 先行品のない事が望ましい。先行品がある場合は、差別化が可能であること。
5.研究開発ステージによる優先順位付け
  • よりステージが進んでいるものが優先される。
6.創薬の熱意を有するリーダーの選任
  • テーマリーダー・プロジェクトリーダーは創薬研究に熱意をもって取り組むことが要求される。提案者であることが望ましいがその限りではなく、適材を選任する。
*1「オーファン」:希少疾患用医薬品(Orphan Drug)      
*2「ネグレクティド」:発展途上国の流行病(Neglected Disease)




表2. 創薬テーマ・プロジェクトの評価項目

既知情報(タンパク質構造・化合物・文献数) タンパク質ID Accession番号
タンパク質構造 構造・理研
構造・PDB
化学系雑誌 阻害剤
生物系雑誌 メカニズム
先行品の開発ステージ biological testing
preclinical
P1
P2
P3
Launched
テーマ評価ガイドライン(詳細) テーマ概要 治療満足度
市場性
先行品
独創性
先行品への差別化法
提案趣旨 支持する研究成果
動物モデルでの薬効
種差が明確か
評価系 1次スクリーニングのスループット
適切な動物モデルの有無
バイオマーカー 有無
疾患への関連付け
安全性 メカニズムの安全性
技術 結合部位のdruggability


選定ガイドラインに基づいた評価・選定方法

1.理研が取り組むべき疾患領域か?
創薬テーマの疾患領域・創薬種別の分類を行い、理研やアカデミアの基礎研究成果を活かす革新的な創薬研究・医療技術開発のテーマを採択します。また、治療満足度が低く有効な薬剤のない疾患領域、患者数が少ない疾患治療薬(オーファンドラッグ)・発展途上国の流行病(ネグレクティドディジーズ)の治療薬についても対象としています。(下図の赤が濃い領域。より詳細な図はこちら

ガイドライン1


2.メカニズムの新規性、信頼性(CIM)
創薬テーマのメカニズムは、新規性(これまでにない新しい分子メカニズムによる創薬ターゲットであること)と信頼性(confidence in mechanism、略してCIM。創薬分野では、knock out動物、siRNA、疾患動物モデルでの薬効などによってターゲットの分子メカニズムが実際の治療に結びつく信頼性を指します。)が示されている必要があります。提案研究室の公表・未公表データや、丹念な文献調査を行って、創薬標的としての妥当性、疾患関連性が示されているかを調べます。

ガイドライン2


3.有望な医薬品候補の探索可能性
そのターゲットに新規性、治療への信頼性が十分にあったとしても、実際の「医薬品」に結びつけることが困難であれば、患者さんに届けることはできません。低分子のターゲットであれば、X線やNMRで構造既知か、理研で構造解析が可能か、また、ターゲットの構造から低分子が強く結合できるサイトを持っているか(下図)を詳細に検討します。さらに、新規に合成した化合物をスクリーニングする系、創薬コンセプトを実証する(Proof of Concept)動物モデルの有無なども、重要な判断材料となります。また、抗体医薬、核酸医薬、細胞医薬に関しても、理研の最先端の技術が活用できるターゲット・疾患分野であるかを判断して、テーマ採択あるいは優先順位を決定します。

ガイドライン3


4.先行品の有無と差別化
取り組むべき創薬ターゲットあるいはメカニズムとしては、先行品のない新規のものを優先します。先行品がある場合には、そのステージや差別化の可能性などの調査を行います。創薬・医療技術基盤プログラムでは、トムソンロイター、CHEMBL他、データベースなどの検索システムを組んでおり、先行品の有無と、先行品がある場合の差別化の可能性を解析します。差別化が困難なテーマは採択されません。

ガイドライン4


5.研究開発ステージによる優先順位付け
当プログラムでは、ステージをS(シード)段階、L(リード)段階、P(臨床)段階の3段階に分け、さらにそれぞれの中をS0-S3/L1-L3/P0-P3までに細分化しています。S1ステージからL2ステージまでは候補化合物が1つあるいは少数に絞り切れていないいわゆる探索段階でテーマと呼び、テーマリーダーとポートフォリオマネージャー(ポートフォリオマネージャーは複数のテーマを担当します)が協力して創薬を推進します。L3ステージ以降は候補化合物の開発を進める段階で、プロジェクトと呼び、プロジェクトリーダーをアサインして開発を強力に推進します。創薬テーマですでに発見している化合物があれば、どのステージまで進んでいるのかが重要な審査項目となります。この際、L段階よりステージの進んでいるものがより優先されます。

ガイドライン5

  • S0: ターゲットを同定した段階
  • S1: スクリーニング系を構築し、スクリーニングを実施している段階
  • S2: ヒット化合物を発見し、シードへ展開している段階
  • S3: 有望な創薬シードが見つかり、リードへ展開している段階
  • L1: 動物試験で効果を示すリード化合物を発見し、最適化を行う段階
  • L2: いくつかの有望な化合物を同定し、non GLP試験に進めるために最適化を進めている段階
  • L3: non GLP試験によってP0候補化合物を選択する段階
  • P0: GLP試験によってP1候補化合物を選択する段階
  • P1/P2/P3: 臨床試験のPhase I/II/IIIに対応

これらのステージのうち、重要なステージについてはステージアップのための定義を詳細に決めています。


6.創薬への熱意を有するリーダーの選任
創薬研究は、多くの専門分野の研究者が密接に連携し、粘り強く進める必要があり、また、タイムリーに判断してテーマを運営していくことが要求されます。創薬への熱意・充分な研究時間をかけられるリーダーは、テーマ提案者がその任に当たることが最も望ましいですが、あるいはリーダーとしての適材を選任することがテーマ採択とその後の研究の推進の重要な要素となります。



テーマの優先順位

→B以上が重点化テーマとなる
→評価項目の評点、集計結果を参考に最終的に優先順位付けを行う


表3. 優先順位と定義

優先順位定義
A 創薬プログラムで全面的に取り組むテーマ 必要なすべての基盤を投入
B いくつか確認点があり、その確認のために創薬プログラムで部分的に取り組む。確認点が解消されればAに昇格するか、Bのままやや力を入れて取り組む。 部分的に基盤を投入
C いくつか問題点があり、創薬プログラムにおいて解決できるようにアドバイスする。余裕があれば部分的に取り組む。 アドバイスor部分的に基盤を投入
Watch 状況が変われば検討する価値があり、創薬テーマ化に向けてアドバイスする。 アドバイス



ステージアップのための基準
ステージ判断ガイドライン


ぜひ一度ご相談ください

創薬を実現するまでにはクリアしなければいけない多くの項目があります。(下図参照)ガイドラインはそれらの項目を考慮する形で設定されています。当プログラムでは、創薬の専門家、最先端の創薬技術に詳しい研究者をスタッフに揃え、皆様の創薬テーマ・創薬プロジェクトを推進できるように体制を整えております。ぜひ、一度ご相談ください。

医薬品候補化合物の同定までにクリアすべき主な項目

 

お問い合わせ