創薬・医療技術基盤プログラム

創薬・医療技術基盤プログラムとは

創薬・医療技術の研究開発パートナーを目指して

 ライフサイエンス研究においては創薬・医科学分野の研究成果や研究開発の基盤技術の提供を通じて、新しい医薬の創出や医療技術を実現させ、人々を悩ます疾患の克服や安心・安全な生活に寄与していくことが求められています。

 理化学研究所では、新たに社会知創成事業を発足させ、これらの期待に応えるべく後藤俊男プログラムディレクターのもとに創薬・医療技術基盤プログラムを開始しました。プログラムでは、日本発の革新的な医薬や医療技術の創出を目標にして、ライフサイエンス研究で培われた研究基盤を活用し、戦略的なチームによる着実な実現を図ります。大学・研究機関の優れた創薬・医療技術シーズを探索して、これらのシーズについて研究開発段階のステージアップを図り、企業・医療機関に橋渡しすることで、創薬・医療技術の分野における研究開発のスタンダードモデルを構築します。

画像

図 創薬・医療技術基盤プログラムの位置づけ

 創薬研究のプロセスは、疾患ターゲットやメカニズムの特定、疾患に関係するタンパク質等に作用するリード化合物の探索・同定、リード化合物の最適化、薬効の確認試験、安全性の確認などの非臨床試験、その後の臨床試験という流れになっています(上図)。医療技術は、多岐に渡りますが、再生医療であれば、特定の細胞・組織の創出、これらの機能確認、安全性の確認の試験などの流れになります。創薬・医療技術基盤プログラムは、創薬・医療技術シーズをステージアップさせるために、牽引役・司令塔の役割を果たし、創薬・医療技術プラットフォーム技術を活用しながら、効果的に研究開発を進めます。


 創薬・医療技術基盤プログラムは、創薬・医療技術研究のバトンゾーンを目指して、3つの機能を柱に据えています。「研究開発を牽引するマネジメントチーム」、「革新的な創薬・医療技術を目指すシーズ群」「研究開発を支える強力なプラットフォーム技術」です。 これらの3つの機能が有機的に繋がることで、効果的な研究開発を進め、創薬・医療技術の実現を図ることができます。

 

研究開発を牽引する
マネジメントチーム
spacer
画像


創薬・医療技術シーズの着実なステージアップを図るため、創薬研究の経験のあるポートフォリオマネージャーを置いています。個々の創薬・医療技術テーマやプロジェクトを推進するリーダーをサポートして、研究計画の立案から進捗管理までを支援します。

続きを読む
spacer
Blockbottom
 
革新的な創薬・医療技術を
目指すパイプライン
spacer
画像


治療満足度の低い疾患領域、オーファンドラッグや新しいコンセプトに基づいた革新的な創薬・医療技術の実用化を目指すテーマ・プロジェクトを紹介します。癌疾患領域や脳中枢疾患領域などに分類しており、研究開発の進捗状況をご覧いただけます。

続きを読む
spacer
Blockbottom
 
創薬・医療技術研究に特化した
基盤技術のプラットフォーム
spacer
画像


理研独自の創薬・医療技術研究における基盤技術の強化とネットワーク化を図ることで、創薬研究支援のワンストップ化を実現します。スクリーニングを担当する創薬分子設計基盤や創薬生化学スクリーニング基盤など総合的な技術プラットフォームを展開しています。

続きを読む
spacer
Blockbottom

 

お問い合わせ