理化学研究所 前田バイオ工学研究室

アクセス | English


研究室プロフィール

当研究室では、工学とバイオの新たな融合領域を開拓することを目的として研究を進めている。 高分子化学、分析化学、生化学、分子生物学などの学術領域を基礎に、 バイオ成分を融合した新物質・新材料の創製、 バイオ計測の新原理・新手法の開発、 ならびに生命プロセスの人工的制御に関する研究を行い、バイオ材料学、 環境科学、 マイクロ・ナノサイエンス、生命科学、医用工学、その他の分野への応用を展開していく。 一例としてDNA機能材料に関する研究があり、独自に開発したDNA・合成高分子複合体を、 DNAバイオセンサ、アフィニティー電気泳動、SNPs応答性ナノ粒子、遺伝子応答性ハイドロゲル、 人工的遺伝子機能制御などへ展開することにより、DNA工学 という新しい境界領域を開拓しつつある。

研究テーマは(1) DNA工学、(2) マイクロ/ナノ分析化学 、(3) バイオマテリアルの科学

最新ニュース

金山直樹客員研究員(もと理研前田バイオ工学研究室研究員、現・信州大学准教授)らの研究論文がACS Editor’s Choiceに選出されました。(2016.11.29)
Anton Middelberg 教授 (The University of Queensland, Pro-Vice- Chancellor)が当研究室を見学され、宝田専任研究員・王特別研究員が研究を紹介しました。(2016.10.27)
JSPSの交換制度で広島大学・荻教授研究室に滞在中の、スイス連邦工科大学(ETH) Wndeline J. Stark 教授研究室大学院生 Elia Schneider さんと Samuel Hess さんが当研究室を訪問し、室員と研究紹介と学術交流を行いました。(2016.10.18)
郭 博洋 特別研究員、毛 海良 研修生(中国浙江大学博士課程)、余 力 連携大学院生(IPA/ 東京大博士課程)の3名が研究室に加わりました。(2016.10.3)
タイ国 Prince of Songkla University 修士課程大学院生 Surachada Chuaychob さんの歓迎会を開きました。タイ国政府派遣の留学生として本研究室に半年間滞在されます。(2016.9.6)
今年の研究室合宿は銚子半島最東端、犬吠埼に行ってきました。(2016.8.1)
台湾交通大学の院生・学生さん達が、JSTさくらサイエンスプログラムによる埼玉大学滞在の機会を利用して、当研究室の見学に見えました。(2016.7.21)
信州大学・理研連携研究室の設備が整い、理研から着任した金山直樹准教授を中心に本格的な活動が始まりました。(2016.7.19)
尾笹専任研究員と韓国・漢陽大学との共同研究がUCNC2016でポスター賞に選ばれました。(2016.7.14)
暑気払いに金曜酒場へ繰り出しました。張 家禎(Chang, Chia-Chen)博士ご一家を囲んで盛り上がりました。(2016.7.1)
国立台湾大学から来られた張 家禎(Chang, Chia-Chen)博士の歓迎会を開きました。台湾政府から派遣され当研究室に1年間の予定で滞在されます。(2016.6.27)
長谷川和貴さん(JRA)・細川和生専任研究員らの研究が、日本分析化学会Anal. Sci.誌の注目論文に選ばれました。(2016.6.10)
前田バイオ工学研究室のOBの情報交換会である「第3回バイオ工学研究交流会」を理研東京連絡事務所で開催しました。15名のOB・OGの参加を得て、尾笹一成(理研専任研究員)、吉本敬太郎(東大准教授)、細川和生(理研専任研究員)の3氏の講演と討論が行われました。(2016.4.24)
恒例の前田バイオ工学研究室Ph.Dの会が、本年は研究室15周年のお祝いも兼ねて、築地ボンマルシェで開催されました。27名のOB・OGが集い、旧交を温めました。(2016.4.24)
東大・基礎科目初年時ゼミナール(吉本ゼミ)の皆さんが当研究室ならびに理研の見学に見えました。(2016.4.23)
理研の一般公開に参加・出展しました。(2016.4.23)
理研と信州大学の連携・協力推進協定が結ばれました。前田バイオ工学研究室から金山直樹博士が信州大学大学院に准教授として着任し連携研究室を運営するとともに、前田瑞夫主任研究員はクロスアポイント制度により同教授として教育研究に貢献します。(2016.4.1)
松本紘理事長が当研究室を訪れ、研究者らを激励しました。(2016.3.10)
ご栄転やご卒業の皆様の送別会を開きました。(2016.3.2)
研究室で新年会を開きました。(2016.1.12)
環太平洋国際化学会議(Pacifichem2015)に出席した研究室のOB・現役で食事会を開きました。(2014.12.17)
座古保博士(元理研専任研究員・現愛媛大学教授)・BU Tong博士(元IPA・東大連携大学院)らの研究が「アルツハイマー病の原因物質:金ナノ粒子で高感度検出」として日刊工業新聞で紹介されました。(2015.9.10)
新メンバー・金 栄鎮(Young-Jin Kim)さんの歓迎会を開きました。(2015.9.2)
今年の研究室合宿は伊香保温泉に行ってきました。 (2015.8.2)
秋山好嗣博士 (元協力研究員、現東京理科大専任講師)・宝田徹専任研究員らの研究論文誌 (Small) の表紙 に採用されました。(2015.7.8)
前田バイオ工学研究室は東京大学新領域創成科学研究科物質系専攻の 連携講座 となっています。大学院志望者の見学を歓迎いたします。28年度 受験案内 ならびに 入試説明会 はこちら。(2015.5.13)
新メンバー・藤井崇史さんの歓迎会を開きました。(2015.4.27)
国内外の研究室OB/OGから前田主任研究員の還暦をお祝いするメッセージが届きました。(2015.4.26)
恒例の前田バイオ工学研究室Ph.Dの会が築地ボンマルシェで開催されました。29人のOB/OGが集い旧交を温めました。(2015.4.26)
前田バイオ工学研究室のOBが中心となり「第2回バイオ工学研究交流会」を理研・東京連絡事務所で開催しました。18名のOB・OGの参加を得て、尾高雅文(秋田大・教授)・佐藤香枝(日本女子大・准教授)・王 国慶(理研・特別研究員)の3氏の講演と討論が行なわれました。(2015.4.26)
理研の一般公開に参加・出展しました。(2015.4.18)
東大・基礎科目・初年時ゼミナールの皆さんが見学に見えました。(2015.4.18)
前田主任研究員のエッセイが日本化学会「化学と工業」誌4月号に掲載されました。ここにそのサイドストーリー(拡大版)をアップします。(2015.4.6)
ご栄転やご卒業の皆さんの送別会を開きました。(2015.3.17)
前田主任研究員を代表オーガナイザーとして日本MRS学会のシンポジウムF先導的スマートインターフェースが開催され、当研究室からも9件の研究発表を行なうとともに、他大学・機関と親睦を深めました。(2014.12.10-12)
サバティカルで当研究室に2ヶ月間滞在された Daewon Sohn 教授(韓国・漢陽大学化学科)の送別会を開きました。(2014.10.24)
前田瑞夫主任研究員の日本分析化学会学会賞受賞を祝う会を研究室のメンバーで開きました。(2014.10.17)
尾笹専任研究員らの研究がRIKEN Research Highlightに紹介されました。(2014.10.10)
前田瑞夫主任研究員が日本分析化学会学会賞を受賞しました。研究室OBや卒業生・友人がお祝いに集まりました。(2014.9.18)
迫野奈緒美博士(本研究室特別研究員)・迫野昌文博士(元基礎科学特別研究員・本研究室OB)ご夫妻の御栄転をお祝いして送別会を開きました。(2014.9.16)
日野市立日野第四中学校の生徒さん達が見学に見えました。(2014.8.25)
JSPSサマープログラムで2ヶ月間滞在されたTylerさんの送別会を開きました。(2014.8.13)
今年の研究室合宿は日光に行ってきました。(2014.8.3)
栃木県立栃木高等学校の皆様が見学に見えました。(2014.7.22)
細川専任研究員らの可搬型マイクロチップによる微量マイクロRNA検出が理研の知的財産情報として公開されました。(2014.7.20)
暑気払いで「金曜酒場」に繰り出しました。(2014.7.18)
JSPSサマープログラムで来日されたTyler Perlenfeinさん(米国Univ. Wisconsin-Madison博士課程)の歓迎会を開きました。これから2ヶ月間、前田バイオ工学研究室で研究します。(2014.6.20)
恒例の前田バイオ工学研究室Ph.Dの会がポール・ボキューズ銀座で開催されました。31人のOB/OGが集い旧交を温めました。(2014.4.27)
前田バイオ工学PhD会・研究交流会を理研・東京連絡事務所で開催しました。22名のOB・OGの参加を得て、村上義彦・中西 淳・大城敬人の3博士の講演と討論を行ないました。(2014.4.27)
理研の一般公開に参加・出展しました。(2014.4.19)
秋山好嗣協力研究員がInternational Symposium on Smart Biomaterialsでポスター賞(Hoffman Family Award)を受賞しました。(2014.03.24-25)。
連携大学院(東京理科大)の卒業祝賀会に出席しました。(2014.3.19)。
前田主任研究員の研究業績レビュー(最終)が開催され、研究室で慰労会を開きました。(2014.1.30)。

過去(2005〜2013)のニュースへのリンク

最近のトピックス[リンク] DNA担持ナノ粒子による遺伝子診断
無動力マイクロ流体デバイス
マイクロチップによる遺伝子の簡易診断
アフィニティーキャピラリー電気泳動による遺伝子診断
アフィニティーバイオプローブを用いた新しい遺伝子検出法の開発
光応答性細胞培養基板の開発
機能性ポリアミノ酸を分解する酵素の構造・機能とその応用
分子シャペロンの機能解析とその応用



研究年報 平成23年度
平成22年度
平成21年度
平成20年度

以前の研究年報へのリンク


リンク
ソフトインターフェースの分子科学



・東京大学・物質系専攻・前田瑞夫研究室


Biointerphases



連絡先 〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1 TEL:048-467-9312 FAX: 048-462-4658