産業界との融合的連携研究プログラム

「世の中の役に立つ理研」の実現に向けて、技術移転の場"バトンゾーン"を一緒に走りましょう!

平成23年度の課題募集を行っています
募集期間:平成22年9月1日〜11月26日

 


募集要項 [PDF]

目的

日本国内に生産拠点を置く国内企業が、理研と共同で実施することを提案する研究開発課題のうち、理研と企業の研究開発能力を融合的に連携させて、次世代の技術基盤の創造、研究成果の早期実用化等に大きな発展が見込まれる課題を選定して、企業と共同で計画し、実施することにより、日本の産業技術の新しい展開に貢献することを目的とします。

プログラム概要

研究課題の提案及びチームリーダーを企業主導の元に受入れ、理研内に時限的研究チームを編成するという開発側のイニシアチブを重視したプログラムです。

  • 対象 : 日本国内に生産拠点を置く国内企業
  • 設置期間 : 5年以内
  • 研究予算 : 理研負担額、企業負担額の合計
  • 受入方法 : 研究計画提案書を以て受入れの可否を判断
  • 受入チーム数 : 数チーム程度(2011年度)
  • 研究成果の帰属 :  原則企業と理研との共有。実施の際は実施許諾等の契約を締結し、独占的実施に配慮

研究者データベースと事前相談

本プログラムは、理研に蓄積、また新たに生まれつつある研究資産等(最大の資産は人材)を活用し、企業のニーズに適合した研究開発課題を理研と共同で実施する制度です。
このため、本プログラムに参加を希望する理研在籍研究者に登録募集を行い、理研の研究資産等を産業界の皆様へ紹介するために参加研究者に係るデータベース(研究者データベース)を整備いたしました。
このデータベースは「理研の研究人材、研究開発課題のショーウインドー」の役割を果たすもので、産業界の皆様の研究開発課題ご提案に活用いただくことを目的としています。

知の最前線で活躍している理研の研究者が、その知識や技術、経験を生かして産業界の皆様と連携して、研究開発を実施することを希望しております。奮って、研究開発課題のご提案をお願いいたします。。
(研究開発課題のみならず、フィージビリティスタディも歓迎します。)。
なお、研究開発課題ご提案にあたり、理研研究者への事前相談窓口を下記のとおり設置しておりますので、お問い合わせ等は窓口までお願いします。(事前相談は、随時受け付けております。

※研究者本人への直接のご連絡は、ご遠慮下さい。

研究開始(チーム設置)までのプロセス【企業側のプロセス】

  • 研究者データベースへアクセス
  • 事前相談窓口へ相談(専用窓口を常時開設)
  • 内容がまとまった段階で、課題提案書を提出(フィージビリティスタディも可)
  • 提案書が採択された場合にはさらに詳細な研究計画書を作成
  • 研究計画書にもとづき、共同研究契約等を締結
  • 企業側からチームリーダー、理研側から副チームリーダーを選出し、時限的研究チームを設置して研究を開始(チームへの参加形態として、専任が望ましいが兼任も可)

スケジュール

  • 9月1日(水) : 事前相談受付、提案募集開始
  • 11月26日(金) : 提案募集締め切り(以後も、事前相談は受付)
  • 12〜3月頃 : 採択提案可否内定、共同研究計画書作成、共同研究契約協議
  • 4月 : 共同研究契約締結、研究チーム設置、研究開始

 研究チーム紹介

事前相談窓口(常時開設)

独立行政法人理化学研究所 社会知創成事業 連携推進部 イノベーション推進課
〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
E-mail : yugorenkei@riken.jp / Tel : 048-462-5459
担当:大場、高木


※研究者の個人情報(メールアドレス等)に関するお問い合わせにはお答えできません。
また、研究者への直接のご連絡はご遠慮ください。