HOME 研究テーマ グループメンバー 研究業績 学会発表 アクセス お問い合わせ
大学院生募集中どうして新しいウイルス薬が必要なの?牛に白血病ってあるんですか? ウィルス検出キット提唱方法特許取得地球環境を守っていくこと、全て人類の存続に繋がっています感染症法に基づく特定病原体等の管理規制についてについて紹介しています
グループリーダー間陽子 (獣医学博士)

分野総括 間陽子 (獣医学博士)

現在、世界の死亡原因の約3割が感染症であり、今後その割合は急上昇する恐れがあります。
近年、SARS、インフルエンザを初めとする新興ウイルス感染症が次々と現れているからです。
当研究分野では、新興ウイルス感染症であるヒト免疫不全症候群(エイズ)の原因ウイルスであるヒト免疫不全ウイルスI型 (HIV-1)、成人T細胞白血病(ATL)の原因ウイルスである成人T細胞白血病ウイルス (HTLV) およびそれに近縁の牛白血病ウイルス (BLV) の複製機構とそれらの発症機構の全容解明を目指すと共に、これらウイルスの新しい制御方法の確立を目指しています。
さらに、多くのウイルスに共通する複製機序の探索、それを標的にした抗ウイルス薬を開発、新たに出現するウイルスに対抗するための方法論の確立を目指します。
メンバー紹介はこちら


世界に誇れるメンバーご紹介

竹嶋伸之輔 佐藤 洋隆 大附 寛幸 Chutiwitoonchai Nopporn 白 らんらん (Bai Lanlan)

陸拾七(Liushiqi) 鈴木 昭夫 Mairepati Palati 松浦 遼介 Chang Hao

綿貫 園子 廣瀬 智哉 Wlaa Assi


チームの開発技術力を全世界へ発信国際学会記録集 フィリピンカラバオセンター・オーストリアモナッシュ大学・アメリカミシガン州立大・ワシントン州立大学・アルゼンチンラプラタ大学・中国モンゴル農業 大学共同研究
キット解説 大学院生リサーチアソシエイト(JRA)院生募集 HIV-1によるエイズ発症機構の解明および創薬研究 ヒトおよびウシレトロウイルスによる白血病発症機構の解明とその制御方法の確立 インフルエンザウイルスの複製機構の解明と創薬研究 動物MHC研究会のページ

国立研究開発法人 理化学研究所 分子ウイルス学研究分野

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1理化学研究所 工学実験棟2F
Tel: 048-462-4408 Fax: 048-462-4399
Copyright(c) RIKEN. All rights reserved.