広報活動

理研関係者メールサービス よくあるご質問

1. 目的や意図など

2. どうやったら使えるか

3. 使い方

4. 手続きが遅い

5. その他

Q1-1. @alum.riken.jpのアドレスは何に使うのでしょうか?
Alumni Network(@alum.riken.jp)は理研に在籍されたすべての方と理研とを将来にわたり、継続的に結ぶネットワークの土台となるメールサービスです。
Q1-2. @riken.jpと@alum.riken.jpはどう使い分けるのですか?
@riken.jpは原則として、理研在籍者のみ利用可能なメールアドレスです。在籍中の理研業務については@riken.jpをご利用ください。@alum.riken.jpのメール転送サービスは退職後もご利用になれます。
Q1-3. @alum.riken.jp宛に何か届くのですか?
今後は理研からのお知らせなどを送らせていただくことがあります。
Q1-4. 全理研電話帳に@alum.riken.jp のアドレスを表示してもよいですか?
全理研電話帳の理研eメールアドレスは@riken.jpを表示してください。在籍中の理研業務については@riken.jpのメールアドレスをご利用ください。
Q1-5. @alum.riken.jpのアドレスは要らないのですが、、、。
転送先を登録しなければ、メールは転送されません。理研関係者メールサービスのWebフォームにて【自動転送先メールアドレス】欄を空にしてください。
Q1-6. 転送されるメールマガジン(理研以外から送られて来るもの)の配信を止めたいのですが、、、。
理研以外からのメルマガ配信停止につきましては、当該メルマガの送信元に直接お問い合わせください。
Q2-1. @alum.riken.jpのアドレスは在籍時から利用できるのですか?
利用可能ですが、在籍中の理研業務については@riken.jpのアドレスをご利用ください。なお、在籍中の方には退職者向けの情報は配信されません。
Q2-2. @alum.riken.jpのアドレスを取得するのに申請は必要ですか?
2017年9月1日時点で理研に在籍している場合、自動的に付与されるので、申請は不要です。それより前に退職された方はメールにて申請が必要です。
Q2-3. @alum.riken.jpのアドレスはいつまで利用できますか?
@alum.riken.jpのメール転送サービスに利用期限はありません。ただし、年1、2回程度送付される棚卸のメールに対して、返信(回答)することが必要です。このメールに返信がない状態が連続した場合、一旦無効になります。再利用を希望される場合は、理研関係者メールサービスのWebフォームで転送先を変更してください。
Q2-4. @alum.riken.jp の転送先を変更しないままでいるとどうなりますか?
@alum.riken.jpの転送先を変更しないまま退職すると、転送先の初期値として登録されている@riken.jpのアドレスが無効になった時点で、@alum.riken.jpも一旦無効になります。再度有効にされる場合は、理研関係者メールサービスのWebフォームで転送先を変更してください。
Q3-1. 転送先を変えたいのですが、、、。
理研関係者メールサービスのWebフォームに入力すると、2~3営業日後に変更されます。
Q3-2. 前回登録した自動転送先メールアドレスのうち、第一の転送先を忘れてしまいました。
ob_address [at] riken.jp(※[at]は@に置き換えてください。)にお問い合わせください。
Q3-3. 転送先に携帯のメールアドレスを登録することは可能ですか?
携帯のメールアドレスも登録できます。
Q3-4. 条件によって、転送先の振り分けは可能ですか?
条件による転送先の振り分けは対応していません。登録してある自動転送先メールアドレス全てに転送されます。
Q3-5. 転送先に指定するアドレスを持っていません。
フリーメール(無料メール)アドレスなどをご自身で取得してください。
Q3-6. @alum.riken.jpのアドレス(@より前)を変更したいのですが、、、。
原則として、アドレスの変更はできません。今後の参考とさせていただきたく、よろしければ、変更したい理由をob_address [at] riken.jp(※[at]は@に置き換えてください。)までご連絡ください。
Q4-1. 転送先変更の手続をしたのですが、まだ転送先が変更されていません。
転送先変更手続きの状況を確認しますので、お手数ですが、ob_address [at] riken.jp(※[at]は@に置き換えてください。)までご連絡ください。
Q4-2. 新規登録を申請しましたが、すぐに利用できますか?
登録手続きは遅滞なく行いますが、日時のお約束まではできません。通常は3~4日程度かかります。
Q5-1. 理研アドレス(@riken.jp)宛のメールも転送されるのですか?
@alum.riken.jpのメールアドレスは理研在籍時に利用していた@riken.jpのメールアドレスとは別のものです。@riken.jp宛てに送られたメールが@alum.riken.jpを経由して転送されることはありません。
Q5-2. 利用期限を延長したいのですが、、、。
@alum.riken.jpのメール転送サービスに利用期限はありません。ただし、年1、2回程度送付される棚卸のメールに対して、返信(回答)することが必要です。なお、@riken.jpのメールアドレスの延長申請は所内ネットワークで公開されている情報システム部のページをご確認下さい。
Q5-3. 亡くなった後、メールを削除してほしいのですが、、、。
@alum.riken.jpはメール転送サービスですので、メール自体は保存していません。また、システムの棚卸の際に送られるメールに返信がない場合は、無効になります。
Q5-4. @alum.riken.jpのアドレスがあれば、理研構内に立ち入ることができますか?
@alum.riken.jpのメールアドレスは理研の在籍を証明するものではありません。理研構内への立ち入りには通常通り入構手続きが必要になります。
Q5-5. 理研の○○さんのアドレスを知らないので、メールを転送してほしいのですが、、、。
@alum.riken.jpは当アドレス宛てに受信したメールを転送するサービスであり、転送(送信)を代行することはできません。個々人の連絡先についてのお問い合わせはお受けしておりません。
Q5-6. 転送先に登録したメールアドレスへのメール転送がうまくいかなかった場合、送信元には何か通知されますか?
メール転送がうまくいかなかった場合、送信元メールアドレス宛に、メールを転送できなかった旨のメッセージが届くことがあります。そのメッセージには、登録した転送先のメールアドレスが記載される場合がありますので、転送先メールアドレス設定の際はご注意ください。