広報活動

RSS Print

2012年5月23日

理研-中国科学院30周年記念講演会の開催のご案内
-日中を代表する両研究機関による科学最前線-

理化学研究所と中国科学院は、昭和57年(1982年)5月に研究協力を開始して以来数多くの研究交流、人材交流を行ってきており、その協力関係は今年度で30周年となります。

また、本年は日中国交正常化40周年という記念すべき年でもあり、このたび記念講演会を下記の通り今週金曜日(5月25日)に企画しました。

本講演会では、総合研究所たる両機関の白春礼 院長と野依良治 理事長の挨拶から始まり、中国科学院からは肖国青近代物理研究所長、万立駿 化学研究所所長、成会明 金属研究所副所長、景乃禾 上海生命科学研究院生物化学・細胞生物学研究所副所長が、理化学研究所からは竹市雅俊発生・再生科学総合研究センター長、十倉好紀基幹研究所物質機能創成研究領域長、櫻井博儀仁科加速器科学研究センター主任研究員、侯召民 基幹研究所侯有機金属化学研究室主任研究員らが、さまざまな研究分野にわたって最前線の研究成果を話します。

このような日中のみならず世界の科学界を代表する科学者らが一堂に会し、両機関が世界をリードする研究について講演する機会はなかなかございません。

御多忙中誠に恐縮に存じますが、ご参加賜りますようご案内申し上げます。

日 時 2012年5月25日(金)13:00~17:30(受付12:30~)
場 所 六本木アカデミーヒルズ49(東京都港区)
対 象 一般の方
参加費 無料 ※要事前申し込み
詳 細 http://www.kuba.co.jp/jca40/index.html
※ プログラム、申し込み方法等は上記URLをご確認ください
※ 講演は英語にて行われます(同時通訳はありません)
問合せ 理化学研究所中国科学院30周年記念事業事務局((株)クバプロ内)
Tel:03-3238-1689/ Fax:03-3238-1837
Email:rikencas30th[-at-]kuba.jp ([-at-]は@にしてください)

2012年2月13日
インフルエンザ