広報活動

RSS Print

2012年5月31日

「東北支援 次世代シーケンサーを使った遺伝子解析技術の利用 公開シンポジウム」のお知らせ

理研オミックス基盤研究領域は、遺伝子解析の研究拠点として先進的な研究を進めています。また、蓄積された技術を内外の多くの研究者が利用した実績があります。本年度は、東北地方の研究支援第3弾として、東北地方のライフサイエンス分野の若手研究者に理研の次世代シーケンサーを使用した遺伝子解析技術を活用する機会を設けました。

今回の公募には、東北地方に所在する研究機関の若手ライフサイエンス研究者から応募があり、6件の研究を採択いたしました。本シンポジウムでは遺伝子解析を始めるにあたり、研究概要の紹介と内容に関する活発な議論を行います。公開シンポジウムのため、関心のある方はどなたでも参加できます。皆さまどうぞご来場ください。

日 時 2012年6月14日 (木) 13:00~17:00
場 所 理研横浜研究所 C206(神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号)
参加費 無料 ※事前申し込み不要
詳 細 http://www.osc.riken.jp/event/2012/120614
問合せ 独立行政法人理化学研究所 横浜研究所
オミックス基盤研究領域内 GeNAS 東北支援プロジェクト担当
Tel:045-503-9237 / Email:lsa-support[-at-]gsc.riken.jp ([-at-]は@にしてください)

2012年2月13日
インフルエンザ