広報活動

RSS Print

2012年7月9日

第2回社会知創成記念講演会を開催しました!

第2回社会知創成記念講演会

6月25日(金)、和光キャンパスの鈴木梅太郎記念ホールで「社会知創成記念講演会」を開催しました。社会知創成記念講演会は、昨年10月開催の第1回講演会に引き続き、今回で2回目となります。

今回は、理研ベンチャーとして初の上場を果たした株式会社カイオム・バイオサイエンスを取り上げ、「株式会社カイオム・バイオサイエンス、バイオベンチャー上場への道のり」と題した講演会を行いました。

株式会社カイオム・バイオサイエンス藤原正明代表取締役社長

はじめに、株式会社カイオム・バイオサイエンスの藤原正明代表取締役社長に、「カイオム・バイオサイエンスの歩み」と題して、同社のこれまでのあゆみや、昨年12月20日の東京証券取引所マザーズ市場での株式公開について、ご講演いただきました。

太田邦史 東京大学大学院総合文化研究科教授

続いて、株式会社カイオム・バイオサイエンスの事業の核となる技術であるADLibRシステムを発明した太田邦史 東京大学大学院総合文化研究科教授(理化学研究所 客員主幹研究員)に、「ADLibRシステムの発明」と題して、理化学研究所時代の研究生活や、ADLibRシステムの技術の概要、発明の誕生から実用化に至るまでのあゆみなどについて、ご講演いただきました。

株式会社ファストトラックイニシアティブ 芦田耕一 取締役パートナー

さらに、医療分野に特化した独立系ベンチャーキャピタルで、株式会社カイオム・バイオサイエンスの創業時からの出資者である株式会社ファストトラックイニシアティブの芦田耕一 取締役パートナーに、「日本のバイオベンチャーの試練と挑戦」と題して、日本のバイオベンチャー業界の現状や、日本のバイオベンチャーの抱える課題、カイオム・バイオサイエンスの成功の要因について、ご講演いただきました。

第2回社会知創成記念講演会

講演の後は、質疑応答の時間が設けられました。

来場者からは、「大変興味深い講演であった」、「バイオベンチャー成功の秘訣が理解できた」、「ベンチャーとアカデミアとキャピタルの組み合わせが良かった」、「ADLibRシステムの有用性を改めて認識した」、「理研のイノベーションに期待する」などの声が聞かれました

本講演会には、所外から製薬企業や金融機関の方々など73名、理研所内41名、合計114名の方の参加がありました。たくさんの方のご来場、誠にありがとうございました。

理化学研究所 社会知創成事業では、今後も、理研と産業界との連携をテーマとした講演会・セミナー等を開催してまいります。

ご興味のある方は、イベント一覧をご覧ください。

【関連情報】

  1. 生物多様化の仕組みを応用した迅速で自在な抗体作製法を開発
    -がん・トリインフルエンザなどの治療・診断薬の迅速開発手段を提供-
    (2005年5月30日プレスリリース)
  2. 理研ベンチャー、株式会社カイオム・バイオサイエンスが東証マザーズ市場に上場
    (『理研ニュース』2012年2月号トピックス)
  3. 理研ベンチャー支援制度について

2012年2月13日
インフルエンザ