広報活動

RSS Print

2012年10月10日

「iPS細胞」の解説ビデオ!

一昨日、あらゆる細胞に分化する能力を持つiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した山中伸弥先生が、ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。心よりお祝い申し上げます。

山中先生の成果は、再生医療の実現に大きく貢献するもので、理研でもiPS細胞を使った研究が行われています。

理研広報室は2010年、ES細胞(胚性幹細胞)とiPS細胞を解説したビデオを制作しています。ぜひご覧ください!

科学のフロンティアシリーズ 14
「生命科学・再生医療に革新をもたらす多能性幹細胞研究」

科学のフロンティアシリーズ14生命科学・再生医療に革新をもたらす多能性幹細胞研究

全身のあらゆる細胞に分化し、無限に増殖する能力を持つ「ES細胞」と「iPS細胞」。 多能性幹細胞と呼ばれるこれらの細胞は、一体どんな細胞なのか…。人類の夢「再生医療」の実現に向け、どのような研究が行われているのか…。基礎知識と共に、理研の最先端研究を紹介する。
http://www.riken.jp/r-navi/video/frontier.html


2012年2月13日
インフルエンザ