広報活動

RSS Print

2013年12月16日

「理研サイエンスセミナーⅦ 東京会場」が無事終了!

理研サイエンスセミナーⅦ 東京会場「自然が創るミクロのアート」が12月5日(木)六本木アカデミーヒルズで開催されました。

90名を超える方々が足を運んで下さいました。大変有難うございます。

今年度の理研サイエンスセミナーⅦのキャッチフレーズは、「横からみる○○、科学をみる角度」。 「科学」というと遠く感じる方も少なくないと思いますが、見方や見る角度によってどのように変わるかについて、豊岡研究員とモデル・タレントのはなさんが対談してくれました。

セミナーは「The Science Art of RIKEN 植物編」の動画 (Youtube) からスタートしました。この動画に出てくる数々の写真は豊岡研究員の提供で、ナレーションを務めたのが、はなさんでした。 豊岡研究員からは、常に顕微鏡を使って何かをみる研究をしている中で、観る対象と何を見たいかによって、試料作りも変わってくることを、レシピ―作りに例えて話してくれました。
顕微鏡で見る像は見る角度、光を当てる角度によって違ってくるため、どうすればもっと美しく、分かりやすく見れるかを求めて顕微鏡を変えたり、試料を作ったりするそうです。はなさんもお菓子や料理の写真を撮る際には、色々な方向から見て、撮る方向、角度を決めているとのことでした。

終了後のアンケートからは、「顕微鏡の写真がとても鮮明で美しさに感動した」「顕微鏡の種類や利用方法などよく分かりました」「料理、レシピ―との関連さで分かりやすく親しみのある内容でした」「顕微鏡でみるために大変な準備が必要なのに驚きました」 一方で「もっと顕微鏡の画像を見たかった」「電顕についてもっと詳しい話を聞きたかった」などのご意見もいただき、イベントの内容が興味深かった様子がうかがわれました。

写真:豊岡研究員の作品

当日会場では、豊岡研究員の作品が展示されました。

写真:トークセッションの様子、左からモデレーターの川井、 はなさん、豊岡研究員

トークセッションの様子、左からモデレーターの川井、はなさん、豊岡研究員。


2013年12月26日
テレビ放映のお知らせ
2013年12月26日
テレビ放映のお知らせ
2013年12月20日
ラジオ放送のお知らせ
2013年12月20日
テレビ放映のお知らせ
2013年12月13日
テレビ放映のお知らせ
2013年11月13日
テレビ放映のお知らせ