広報活動

RSS Print

2014年4月7日

『理研ニュース』2014年4月号、本日発行!

『理研ニュース』2014年4月号、本日発行しました!

今月号の「研究最前線」は、有機半導体を塗るだけでつくれて、薄くて軽く、曲げられる、そんな夢のような太陽電池に必要な、高性能な半導体ポリマーを開発する取り組みを紹介した「塗るだけで高効率に発電できる太陽電池をつくる」と、眼科疾患の一つである滲出(しんしゅつ)型加齢黄斑(おうはん)変性の患者さんを対象とした、世界初の網膜色素上皮細胞シート移植に向けた取り組みを紹介した「世界初!iPS細胞を用いた網膜の再生医療へ」の2本です。ぜひご覧ください!

目次

  • 研究最前線(1)
    塗るだけで高効率に発電できる太陽電池をつくる
  • 研究最前線(2)
    世界初!iPS細胞を用いた網膜の再生医療へ
  • 特集
    タンパク質チップでその他診断を実現する
  • FACE
    植物の生きざまの理解を目指す研究者
  • TOPICS
    「BIO tech 2014 第13回バイオテクノロジー展/技術会議」出展のお知らせ
    創発物性科学研究センター 新研究室主宰者の紹介
  • 原酒
    下村 脩先生がやって来た

「研究最前線(1)塗るだけで高効率に発電できる太陽電池をつくる」で取材した瀧宮和男 グループディレクター(創発物性科学研究センター 創発分子機能研究グループ)が研究内容を60秒で解説したビデオもあります。記事と合わせてこちらもご覧ください!


2014年12月22日
冬休みにお薦めの動画
2014年11月28日
テレビ放映のお知らせ
2014年10月31日
テレビ放映のお知らせ
2014年10月10日
テレビ放映のお知らせ