広報活動

RSS Print

2014年5月15日

「筑波地区 一般公開」開催報告

筑波地区では平成26年度の一般公開を4月18日(金)・19日(土)に開催しました。
18日は656名、19日は1,818名の計2,474名と多数の来場者を迎えて終了しました。

筑波地区の一般公開は、3箇所の展示場所で計16ブースが設置され、各ブースとも趣向を凝らし来場者へバイオリソースセンターの役割や取り組んでいる研究・開発の内容などを熱心に来場者へ説明を行っていました。

一般公開の様子1 一般公開の様子2
顕微鏡

例えば、顕微鏡で体外受精の様子やiPS細胞等の実験材料を観察するブースでは、来場者が、細胞を直に見ることができて感激した様子でした。

この他、ショウジョウバエのストラップ制作や、植物が厳しい環境にどのように適応しているかの研究、タマネギから遺伝子の本体であるDNAを抽出する実験等もあり、来て見て触れて、大人も子供も楽しめる企画を用意しました。

ショウジョウバエのストラップ制作 一般公開の様子3
シロアリのキャラクター「しろありん」とつくば市のキャラクター「つくつくくん」

受付となる事務棟では、バイオマス工学研究に関連するシロアリのキャラクター「しろありん」とつくば市のキャラクター「つくつくくん」が来場者を出迎え、和やかな雰囲気の中で来場した子供たちを楽しませてくれました。

ミニSL

また、特別催事として、日本小型鉄道クラブの協力を得て、ミニSLを運行しました。19日のみの運行でしたが900名を超す搭乗者がありました。

来年度は今年以上の素晴らしい一般公開となるよう筑波地区スタッフ一同努力してまいりますので、来年度の一般公開もご参加をお待ちしております。


2014年12月22日
冬休みにお薦めの動画
2014年11月28日
テレビ放映のお知らせ
2014年10月31日
テレビ放映のお知らせ
2014年10月10日
テレビ放映のお知らせ