広報活動

RSS Print

2015年4月6日

『理研ニュース』2015年4月号、本日発行!

『理研ニュース』2015年4月号、本日発行しました!

今月号の「研究最前線」は、厳密に品質管理された細胞バンク事業や新規細胞材料開発への取り組みを紹介した「二つの使命:細胞バンク事業と新規細胞材料開発」と、X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAの性能を極限まで引き出しながら、化学反応の過程を原子スケールで見るなど、これまで不可能だった観測を可能にするためのさまざまな研究開発を紹介した「SACLAで世界最強のX線をつくり出し、科学の未踏領域を拓く」の2本です。
ぜひご覧ください!

目次

  • 研究最前線
    二つの使命:細胞バンク事業と新規細胞材料開発く
    SACLAで世界最強のX線をつくり出し、科学の未踏領域を拓く
  • 特集
    ペットのアレルギー検査に革命
  • TOPICS
    「BIO tech 2015 第14回国際バイオテクノロジー展」出展のお知らせ
    多細胞システム形成研究センター長に濱田博司氏
  • 記念史料室から
    さらば板橋分所~科学技術史の一翼を担った「板橋分所」をひもとく~
  • 原酒
    風評被害を根絶する検出器

「研究最前線 二つの使命:細胞バンク事業と新規細胞材料開発」で取材した中村幸夫(なかむら ゆきお)室長(バイオリソースセンター 細胞材料開発室)が研究内容を60秒で解説したビデオもあります。記事と合わせてこちらもご覧ください!


2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介