広報活動

RSS Print

2015年5月8日

「和光地区 一般公開」を開催しました!

4月18日(土)、和光地区の一般公開を開催いたしました。晴天でしたが強風も吹いたこの日は、約7,100名の皆様にご来場いただきました。途中、強風のため屋外休憩場のテントを撤去せざるを得なくなり、ご利用いただいた皆様にはご不便をおかけいたしまして申し訳ございませんでした。

内容は、過去の年に負けず劣らず、様々な自然科学の研究分野に関する展示や講演会などが行われました。その数およそ100!本日はその中のいくつかをご紹介します。

特別講演会とサイエンスレクチャー

毎年盛況の特別講演会とサイエンスレクチャー。今年は3つの特別講演と、過去最多の6つのサイエンスレクチャーを行いました。それぞれ質問タイムも設けられ、研究者に疑問に思っていることを質問できる機会もありました。

RIビームファクトリー(RIBF)

写真:超伝導リングサイクロトロン

巨大な加速器を擁するRIBFを、今年も公開しました。RIBFには、直径18m、重量8,300t、史上最強の超伝導リングサイクロトロン「SRC」の他にも様々な実験装置があり、それらを使って、宇宙誕生の謎にせまる原子核物理の研究や、植物に重イオンビームを照射して品種改良を進めるといった研究が行われています。その関連で、変化アサガオの種をもらえた方もいらっしゃるのではないでしょうか。育て初めて2世代目で結果がわかる変化アサガオ。ぜひ気長に育ててみてください。そして、変化があったらぜひご一報ください!

創発物性科学 -作る、測る、圧してみる-

写真:一般公開の様子

タイトルを聞くとちょっと難しそうに思えますが、新しい機能を持った物質をどのように作るか、物性をどのように測るかをご紹介する展示です。マンガン酸化物単結晶の電子顕微鏡映像を拡大してみたり、超伝導磁石の実験をしたりすることができました。難しそうな内容を研究者から説明を聞いて身近なことと感じられるのも、一般公開の醍醐味です。

ものづくりを変えた超先端加工技術 -マイクロピンから宇宙開発まで-

写真:一般公開の様子

シリコン・セラミック・ガラスなど様々な材料をピカピカに磨く技術であるELID研削法や、超精密加工の実演を行いました。エンジン部品の加工にも使われている技術です。日本を支えるものづくり技術の最新研究成果・実用例を間近で見学できる機会になりました。

日本ボーイスカウト埼玉県連盟の協力について

本年は日本ボーイスカウト埼玉県連盟に運営協力をいただきました。今回初の試みです。
中学校1年生から高校3年生のスカウト14名に、RIBF棟前庭で行われた「だるま落とし」と、グラウンドで行われた「水ロケットを飛ばそう」の運営のお手伝いをいただきました。空き時間には他のイベントの見学もできたようです。
ボーイスカウトには様々な世代が加入していますので、今回学んだことや感想を、ぜひ他の世代にも伝えていただければと思います。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

写真:一般公開の様子 写真:一般公開の様子

来年の和光地区一般公開は、4月23日(土)の開催を予定しております。今回ご来場いただきました皆様も、ご来場いただけなかった皆様も、ぜひご来場いただけますようお願いいたします。


2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介