広報活動

RSS Print

2015年6月1日

「BIOtech 2015 -第14回 国際バイオテクノロジー展-」に出展しました!

2015年5月13日(水)~15日(金)の3日間、東京ビックサイトで開催された「BIOtech 2015 -第14回 国際バイオテクノロジー展-」に出展しました。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

理研は、以下の5つのテーマについて、ポスター発表とプレゼンテーションをしました。
各テーマについてのプレゼンテーションは、研究者の話を直に聞けることもあり、多いときには80名以上の方にご参加いただきました。

創薬抗体における技術整備開発:
統合生命医科学研究センター 基盤ユニットリーダー 竹森 利忠
機能に優れたハイブリドーマ由来抗体医薬品獲得のため、我々が整備した一連の選択システムおよび、計画をすすめている交差性人工抗体医薬品の開発基盤技術の紹介

生きた細胞内の分子の動きを見る高速超解像ライブイメージング顕微鏡SCLIM:
光量子工学研究領域 生細胞超解像イメージング研究チーム チームリーダー 中野 明彦
超解像高速共焦点ライブイメージング顕微鏡SCLIMを製作し、すでに細胞生物学の謎を次々に解明し、生命科学、さらには医療、創薬への応用が期待される事を紹介

診断と治療を改革する糖鎖複合体:
田中生体機能合成化学研究室 准主任研究員 田中克典
糖鎖複合体は、生体内での複雑なパターン認識を効果的に疑似化して、特定の臓器や癌を厳密に認識し、排出過程も調節可能であり、診断や治療における革新的分子である事の紹介

理研創薬・医療技術基盤プログラムの取り組みとテーマ・プロジェクトの実例:
社会知創成事業 創薬・医療技術基盤プログラム 事業開発室 室長 吉田茂美
日本発の革新的な医薬・医療技術創出を目指す、創薬・医療技術基盤プログラムの取り組みについて、テーマ・プロジェクトの実例も交えての紹介

創薬・医療技術基盤プログラムによるアカデミア発創薬への取り組み:
社会知創成事業 創薬・医療技術基盤プログラム 事業開発室 マネージャー 山内 忠幸
日本発の革新的な医薬・医療技術創出を目指す、創薬・医療技術基盤プログラムの取り組みについて、テーマ・プロジェクトの実例も交えての紹介

写真:会期中の様子1

会期中の様子

写真:会期中の様子2

今回の出展テーマ以外にも、知的財産情報をウェブサイトにて紹介しています。
知的財産情報のページ

理研の研究成果の産業利用に関するお問い合わせは、下記にご連絡をお願いいたします。
[問い合わせ先]
理化学研究所 社会知創成事業 連携推進部
お問い合わせフォーム


2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介