広報活動

RSS Print

2015年7月17日

「理研DAY:研究者と話そう お酢が効く!~日照りから身を守る植物の知恵~」、7/19(日)開催!

理研では、毎月第3日曜日に科学技術館4Fシンラドーム(東京都千代田区)で、研究者とのトークイベント「理研DAY:研究者と話そう」を開催しています。

7月の理研DAY(7月19日)では、植物のゲノムを研究している金さんが、「お酢と植物の関係、日照りから身を守る植物の知恵」についてお話します。

どんな生き物にだって、お水はとても大切です。地球温暖化の影響で、長い間雨が降らずに木や草が枯れたり、川や湖が干上がって飲水がなくなったりします。そんなときにでも、植物は根を下ろした場所から自分では動くことも、逃げることもできません。では身動きが出来ない植物はどうやって急な天候の変化から身を守るでしょうか。

「日照りで水がなくなった時の生き残り作戦とは!?」
「お酢と植物の関係って?」
「どんな植物でも? すばらしいお酢の効果!」
「遺伝子組み換えを使わない新しい農業ができるかも!?」
など、日照りに対する植物の身を守る知恵とその新しい使い道について、研究者に直接聞いてみませんか。

理研DAYでは、研究者にいろんな質問ができ、研究者との対話が楽しめます。
みなさまのご来場をお待ちしております。

開催日 2015年7月19日(日)
第1回 14:00-14:30 / 第2回 15:30-16:00
場所 科学技術館4階シンラドーム (東京都千代田区北の丸公園2-1)
対象 一般入館者
参加費 無料 ※但し、科学技術館入館料は必要です
定員 各回62名様
※当日先着順。科学技術館4階シンラドームにおいでください。
研究者 金 鐘明 研究員
(環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チーム)
問合せ 理化学研究所広報室
outreach-koho [at] riken.jp
※[at]は@に置き換えてください。

2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介