広報活動

RSS Print

2015年11月16日

理研神戸キャンパス(第1地区)一般公開、開催しました!

理化学研究所 神戸キャンパス(第1地区)では、毎年恒例の一般公開を10月24日(土)に開催しました。当日はお天気に恵まれ、さわやかな秋晴れの中、CDB会場には1,600人、CLST会場には1,579人と、過去最高の来場者数を記録!たくさんの方にご来場いただき、サイエンスに親しんでいただきました。
当日は、趣向を凝らした様々なイベントが各会場で開催されました!ここに書ききれない分は、神戸キャンパス一般公開のHPにも掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

CDB会場(多細胞システム形成研究センター、生命システム研究センター)

今年もCDB会場では、大人から子供まで楽しんでいただけるよう様々な企画をご用意しました。「研究者をもっと身近に感じてもらおう!」を合言葉に、恒例のオープンラボや生きもの紹介コーナーに加え、研究者おススメの本を紹介するブックラウンジ、研究者直伝の実験体験コーナーや、研究者にその場でなんでも質問できるトークショーなども開催しました。
今年は例年にも増して、小さなお子さま連れの方に多くご来場いただいた印象でした。そんなキッズにおススメだったのが、公開エリアのいたるところに設置した記念撮影用の顔はめパネル!写真と一緒に、たくさんの思い出をお持ち帰りいただけていたら幸いです。

理研神戸キャンパス(第1地区)一般公開の様子1
理研神戸キャンパス(第1地区)一般公開の様子2

CLST・IIB会場(ライフサイエンス技術基盤研究センター)

今年は国際光年!CLSTでは、「人の目では見えない」分子や細胞を観るために、さまざまな「光」を使った研究をしていることから、「光」をテーマに私たちの研究をご紹介しました。蛍光を使った研究の紹介では、細胞内に張り巡らされた微小管を蛍光顕微鏡で観察する体験コーナーを設置。また、放射線の光で体の中の分子を見るPETを用いた最新の研究を紹介するコーナーでは、研究の成果を研究者本人が解説し、来場者と直接お話ししながら研究のポイントをご説明しました。その他、光るスライムを作るサイエンス教室や、ゲノム配列から生物種の近さを体験するワークショップ、恒例の疲労度測定体験もおこないました。
また、今年4月から運用をスタートした融合連携イノベーション推進棟(IIB棟)も、一般公開会場として皆さんにお披露目しました。8階ホールでおこなった講演会には、CDB, CLST, AICSの3センターから3人の研究者が登場し、それぞれの研究を熱く語りました。

理研神戸キャンパス(第1地区)一般公開の様子3
理研神戸キャンパス(第1地区)一般公開の様子4

2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介