広報活動

RSS Print

2015年11月24日

科学講演会2015「理研百年へ-科学の力-」を開催しました!

会場風景

理研では、最新の研究成果をわかりやすくご紹介する科学講演会を毎年開催しており、今年11月15日(日)に第37回を開催しました。今年は、環境負荷の少ない新材料やがんワクチンの開発、日本が世界に誇るX線自由電子レーザー施設SACLAの技術についてご紹介する3つの講演を行いました。

毎年ご好評をいただいている科学講演会ですが、今年も多くの方にご参加いただき、熱心なご質問もたくさんいただきました。今年もっとも印象的だったことは、中学生くらいかと思われる方から、研究成果の利用法に関するするどい質問があり、講師もスタッフもとても驚きました。このことについて来場者アンケートでも「小・中学生の参加者もいらして、積極的に質問されていた姿はたいへんたのもしく心強く思いました」とご意見いただきました。

来年(平成28年)も、初冬に開催する予定です。詳細は決まり次第、理研ウェブサイトのイベントページでお知らせしますので、どうぞご期待ください。今回お足運びかなわなかった方にも、来年はご参加いただければと思います。

石田康博チームリーダー講演時の写真

講演「アクアマテリアル:ほとんどが水でできた、究極のエコ材料」
石田康博チームリーダー(創発物性科学研究センター 創発生体関連ソフトマター研究チーム

藤井眞一郎チームリーダー講演時の写真

講演「がんに立ち向かう免疫へかじ取りをする新しい薬を創る」
藤井眞一郎チームリーダー(統合生命医科学研究センター 免疫細胞治療研究チーム

矢橋牧名グループディレクター講演時の写真

講演「未来をひらく新しい光-X線自由電子レーザーSACLA-」
矢橋牧名グループディレクター(放射光科学総合研究センター ビームライン研究開発グループ


2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介