広報活動

RSS Print

2015年11月26日

「サイエンスアゴラ2015」に出展しました!

11月14日(土)~15日(日)にかけて、東京・お台場地域で開催された「サイエンスアゴラ2015」に、出展いたしました。

神戸地区の四つの研究拠点、多細胞システム形成研究センター(CDB)、ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST)、HPCI計算生命科学推進プログラム(HPCI)、生命システム研究センター(QBiC)が合同で「光が魅せる体の中のアートな世界」をテーマに出展。蛍光顕微鏡や電子顕微鏡、実体顕微鏡などで撮影した体の中の細胞や組織の数々の写真を展示したり、飲み込んだ糖の代謝をPETで撮影してマネキンに投影したり、スーパーコンピュータでシミュレーションしたクロマチンの動きをお見せしたり、新開発の試薬で透明化したマウスの標本を展示したりしました。

仁科加速器研究センター(RNC)は「113番元素を作ろう! ~日本発の新元素~」をテーマに、113番元素を検出した装置「GARIS」の模型の展示や日本で初めて発見された新元素113番をアイロンビーズでつくってみる工作教室を開きました。アイロンビーズ工作では、子どもたちがたくさん集まり、自分オリジナルの113番元素作りに夢中でした。

理研ブースに足を運んで下さったみなさんに感謝申し上げます。

サイエンスアゴラ2015の様子1
サイエンスアゴラ2015の様子2

2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介