広報活動

RSS Print

2015年12月21日

大阪に理研がやってきた!理研大阪地区、初の一般公開を開催

生命システム研究センター(QBiC)が大阪府吹田市に本格的に拠点を移し、理化学研究所大阪地区が誕生しました。11月7日(土)に大阪地区で初めての一般公開を開催しました。近隣の方々をはじめ数百名もの方々がご来場下さいました。当日の様子をご紹介します!

ラボ・ツアー

写真:ラボ・ツアー

イベントの一番人気はやはり、研究室の中に入って実験装置などを見るラボ・ツアー。今回はレーザー顕微鏡やスーパーコンピュータを間近でご覧いただきました。スーパーコンピュータの轟音に皆さん、びっくり。

サイエンス・ラウンジ

写真:サイエンス・ラウンジ

若き研究者たちによる15分間のミニ・トーク。「不思議生物・粘菌」や「光るタンパク質」について、など。来場者の皆さまは興味津々。次々と質問が飛び出し、あっという間に時間が過ぎました。また、研究者とテーブルを囲んで少人数で語り合うイベントも行いました。

QBiCの研究紹介「生命(いのち)のなぞに迫る!」

写真:QBiCの研究紹介「生命(いのち)のなぞに迫る!」

体の中のことを研究するいろいろな方法を研究者たちがわかりやすく説明するコーナー。実験装置やカラフルに光る試薬も展示しました。3Dプリンターを使って来場者が描いた絵を立体にするイベントは子どもたちに大人気でした。

講演会『生きものって何だろう?』や理研の研究拠点紹介にもたくさんの方が訪れて下さいました。ペーパークラフト『からだの中をのぞいてみよう』にはたくさんのお子様が参加してくれました。

大阪地区の一般公開は毎年一回行う予定です。


2015年8月26日
理研グッズのご紹介
2015年6月9日
理研グッズのご紹介