広報活動

RSS Print

2016年6月6日

『理研ニュース』2016年6月号、本日発行!

『理研ニュース』2016年6月号、本日発行しました!

今月号の「研究最前線」は、胚発生の過程や遺伝子の発現を比較することで、形態進化の背景にある発生プログラムの変化の系列を明らかにする取り組みを紹介した「生き物のかたちを発生と進化から読み解く」です。ぜひご覧ください!

目次

  • 研究最前線
    生き物のかたちを発生と進化から読み解く
  • 特集
    アカデミア発の創薬イノベーションを起こす~創薬・医療技術基盤プログラムの成果と展望~
  • FACE
    外核の謎をSPring-8で解き、地球誕生と進化に迫る研究者
  • TOPICS
    「科学技術ハブ推進本部」に新たなプログラムが発足
    科学技術ハブ推進本部健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム新研究室主宰者の紹介
  • 原酒
    DIY考

「研究最前線 生き物のかたちを発生と進化から読み解く」で取材した倉谷 滋(くらたに・しげる)主任研究員(倉谷形態進化研究室)が研究内容を60秒で解説したビデオもあります。記事と合わせてこちらもご覧ください!


2016年12月28日
テレビ放映のお知らせ
2016年11月18日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月21日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月13日
テレビ放映のお知らせ