広報活動

RSS Print

2016年9月5日

『理研ニュース』2016年9月号、本日発行!

『理研ニュース』2016年9月号、本日発行しました!

今月号の「研究最前線」は、骨や皮膚の成分であるコラーゲンなど、体の構造をつくるタンパク質は“構造タンパク質”と呼ばれますが、軽量ながら質量当たりの強靱さ(タフネス)が鋼鉄の340倍という優れた性能を持つクモの糸も、構造タンパク質の1つです。そんな軽量で高タフネスなクモの糸を、人工物を形作る構造材料として使うことを目指し、構造タンパク質の独自の合成手法開発への取り組みを紹介した「クモの糸に学び、構造タンパク質をつくる」と、神経細胞、血管とともに脳を構成する3つの要素の1つが“グリア細胞”ですが、そのグリア細胞の一種“アストロサイト”の機能を解明しようとする取り組みを紹介した「グリア細胞“アストロサイト”は脳内で何をしている?」の2本です。ぜひご覧ください!

目次

  • SCIENCE VIEW
    シナプスの微細構造を深部まで超解像で見る
  • 研究最前線
    クモの糸に学び、構造タンパク質をつくる
    グリア細胞“アストロサイト”は脳内で何をしている?
  • 特集
    理研の次の百年に向けて ― 宍戸 博 創立百周年記念事業推進室長に聞く
  • FACE
    化学反応が始まる瞬間の電子の動きを見ることを目指す研究者
  • TOPICS
    「理化学研究所 科学講演会2016 理研百年へ ─果てなき探求─」を開催します!
    新研究室主宰者の紹介
  • 原酒
    清掃登山

「研究最前線 グリア細胞“アストロサイト”は脳内で何をしている?」で取材した平瀬肇(ひらせ・はじめ)チームリーダー(脳科学総合研究センター 神経グリア回路研究チーム)が研究内容を60秒で解説したビデオもあります。記事と合わせてこちらもご覧ください!


2016年12月28日
テレビ放映のお知らせ
2016年11月18日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月21日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月13日
テレビ放映のお知らせ