広報活動

RSS Print

2016年11月7日

『理研ニュース』2016年11月号、本日発行!

『理研ニュース』2016年11月号、本日発行しました!

今月号の「研究最前線」は、がんなどの診断に用いられているPET(陽電子放射断層撮影法)のプローブ開発はとても難しいのですが、さまざま分子を簡単にプローブ化することができる汎用性の高い手法(“分子リノベーション”)の確立に挑む取り組みを紹介した「“分子リノベーション”でPETによる医療革命を加速させる」と、“糖鎖”はグルコースなどの単糖が複雑に分岐しながら連なったもので、細胞膜に埋め込まれたタンパク質や脂質に結合しますが、その糖鎖と疾患との関係を明らかにすることで、糖鎖をターゲットとした創薬や糖鎖を目印にした疾患の早期診断につなげようとする取り組みを紹介した「糖鎖研究から革新的な医療を生み出す」の2本です。ぜひご覧ください!

目次

  • 研究最前線
    “分子リノベーション”でPETによる医療革命を加速させる
    糖鎖研究から革新的な医療を生み出す
  • 特集
    層別化医療・予防医療で健康長寿を実現する ― 統合生命医科学研究センター 山本 雅 センター長に聞く
  • SPOT NEWS
    気球を使って超高エネルギー宇宙線を観測 ― 間もなくEUSO-SPBミッション開始 ―
  • TOPICS
    NGLY1欠損症の解明に向けグレース科学財団と連携
    「理化学研究所 科学講演会 in 秋田」を開催
    「理研─ダイキン工業健康空間連携プログラム」が発足
    新研究室主宰者の紹介
  • 原酒
    蜘蛛の糸

「研究最前線 糖鎖研究から革新的な医療を生み出す」で取材した谷口直之(たにぐち・なおゆき)チームリーダー(グローバル研究クラスタ 理研-マックスプランク連携研究センター システム糖鎖生物学研究グループ 疾患糖鎖研究チーム)が研究内容を60秒で解説したビデオもあります。記事と合わせてこちらもご覧ください!


2016年12月28日
テレビ放映のお知らせ
2016年11月18日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月21日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月13日
テレビ放映のお知らせ