広報活動

RSS Print

2016年12月5日

『理研ニュース』2016年12月号、本日発行!

『理研ニュース』2016年12月号、本日発行しました!

今月号の「研究最前線」は、自分の意志で動くことができない植物や海藻には、動物にはない高い環境適応能力がありますが、その分子メカニズムを知ることにより、植物に根から放射性セシウムを効率よく吸収・蓄積させる、あるいは吸収させない方法を開発し、表土を剝ぎ取らずに除染を可能にしたり、除染した農地での農業の再開に役立てたりしようとする取り組みを紹介した「セシウムから植物の適応メカニズムを探る」と、自ら開発したシステムの4次元顕微鏡やコンピュータ技術を駆使して、分子や細胞、個体などさまざまなスケールで変化を計測し、得られた膨大なデータを情報科学の手法で解析することにより法則性などを見出し、生命を理解しようとする取り組みを紹介した「データ駆動型サイエンスで生命を理解する」の2本です。ぜひご覧ください!

目次

  • 研究最前線
    セシウムから植物の適応メカニズムを探る
    データ駆動型サイエンスで生命を理解する
  • 特集
    健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックスが目指すもの ― 小寺秀俊 RCHプログラムディレクターに聞く
  • FACE
    手のひらの上に無重力をつくり出す研究者
  • TOPICS
    科学講演会を長崎と高知で開催!
    「数理創造プログラム(iTHEMS)」が発足
    新研究室主宰者の紹介
    革新知能統合研究センター新研究室主宰者の紹介
  • 原酒
    理研を見つめて50年、研究本館に感じる愛着

「研究最前線 データ駆動型サイエンスで生命を理解する」で取材した大浪修一(おおなみ・しゅういち)チームリーダー(生命システム研究センター 細胞動態計測コア 発生動態研究チーム)が研究内容を60秒で解説したビデオもあります。記事と合わせてこちらもご覧ください!


2016年12月28日
テレビ放映のお知らせ
2016年11月18日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月21日
テレビ放映のお知らせ
2016年10月13日
テレビ放映のお知らせ