広報活動

RSS Print

2017年4月18日

淡い黄色のサクラ「仁科蔵王」、開花!

仁科蔵王

淡い黄色のサクラ「仁科蔵王」が開花しました!

仁科蔵王は、理研の加速器「リングサイクロトロン」から発生する重イオンビームを照射して突然変異を誘発させてつくり出した新種のサクラです。
花は、半八重で、4~5センチ程度の大きさをしており、咲き始める頃には淡黄緑白色で、終わりの頃に淡黄ピンクが広がり、美しい色の変化が見られます。

詳細はお楽しみコンテンツ「新種のサクラ」をご覧ください。